BiSH セントチヒロ・チッチが候補生を励ます姿も 『らいか ろりん すとん』本予告公開

 2021年1月15日に公開される映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』のメインビジュアルと本予告が公開された。

 本作は、BiSH、BiS、EMPiRE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg、計7組の女性グループが所属する音楽事務所WACKが送るノンフィクションエンターテインメントの最新作。2020年3月、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言前に開催された、アイドルを目指す少女たちが夢を叶えるために参加した過酷な1週間のオーディション合宿と、その後を通して描かれる人間と時代のリアルが詰めこまれている。

 監督を務めるのは、WACK合宿映画である『世界でいちばん悲しいオーディション』『IDOL-あゝ無情-』に続き岩淵弘樹。さらに今作では、AV界の奇才監督であり、映画やテレビ番組と幅広く手掛ける、WACK映画の常連カメラマンでもあるバクシーシ山下、そしてWACK映像作品だけでなく数多くのアーティストの映像作品の監督を務めるエリザベス宮地が肩を並べ、初の3人監督体制となった。

 公開された本予告では、夢に向かってひたむきに走り続ける候補生たちの熱意や葛藤、彼女たちに手を差し伸べるBiSH セントチヒロ・チッチの姿などが映し出されている。あわせて公開されたメインビジュアルでは、「勝たないと何も無くなっちゃう非常なせかい」のコピーとともに、物語の軸となる2人の少女とセントチヒロ・チッチの姿が切り取られている。

【本予告】映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』WACKオーディションドキュメンタリー2021年1月15日(金)公開

岩淵弘樹(監督)コメント

WACKのアイドル合宿オーディションの撮影は今年で5年目になります。
撮影者として定点観測のように合宿に関わりながら、かつての候補生がプロとなり教える側になっていることや、合格してデビューをしても道半ばでプロの現場から離れていく様子も見てきました。
年を重ねる毎に、この合宿はたくさんの人生が行き来する交差点になっていることを実感するようになりました。
今年もまた、大きな夢を描いて全国から候補生が集まり、全力で一週間を過ごします。
勝って何を手に入れるのか? 負けて何を知るのか?
彼女達にとって、今までの人生で最も強い光を浴びる場所で、悲喜交々、背中合わせの光と影を行き来する激動の物語となりました。

エリザベス宮地(監督)コメント

「先が見えないコロナの状況」という言葉に、もうすっかり慣れてしまいました。
しかしながら、先が見えないのはコロナのせいではなく、生きているからだと思います。
そして、先が見えないからこそ、そこに希望を見出そうとするんだと思います。
眩しい照明が光るステージに希望を抱いた少女達の、今を記録しました。
傷だらけの戦場で生まれた一つの友情は、僕にとって希望そのものでした。

■公開情報
『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』
2021年1月15日(金)より、テアトル新宿ほか全国順次公開
監督:岩淵弘樹、バクシーシ山下、エリザベス宮地
プロデューサー:渡辺淳之介
出演:オーディション候補生、BiSH、BiS、EMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg
撮影:岩淵弘樹、バクシーシ山下、エリザベス宮地、白鳥勇輝
配給: 松竹 映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室
(c)WACK INC.
公式サイト:http://rolin-ston-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる