松坂桃李、渡辺あやのオリジナル脚本作で主演に 『今ここにある危機とぼくの好感度について』制作決定

 松坂桃李が主演を務めるNHK土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』が、2021年4月より放送されることが決定した。

(c)廣瀬靖士

 本作は、『カーネーション』『ワンダーウォール』などを手掛ける脚本家・渡辺あやが現代社会を斬るブラックコメディ。長い伝統を誇る名門「帝都大学」を社会の縮図として、「財政難」「ねつ造・改ざん」「ワーキングプア」「言論の自由の危機」など現在を生きる人々が直面しているさまざまな問題を描く。主人公は帝都大学の広報マン・真。真は次々に巻き起こる不祥事に振り回され、その場しのぎで逃げ切ろうとして追い込まれていく。その姿をブラックな笑いとともに描きながら、現代社会が抱える矛盾と、そこに生きる人々の悲哀に迫っていく。

 真を松坂が演じるほか、真の学生時代の恩師であり帝都大学の総長を松重豊、隠蔽体質の理事たちを國村隼、岩松了、古舘寛治、温水洋一、斉木しげる、坂西良太が演じる。また、事なかれ主義の上司役に渡辺いっけい、正論を吐くがちょっとウザい教授役に高橋和也、自由すぎる変人教授役に池田成志、クールで鋭い秘書役に安藤玉恵、マスコミで売れっ子のやり手准教授役に岩井勇気、正義感の強い新聞部の学生たちに坂東龍汰、吉川愛、若林拓也が決定。そして、不正を告発した非正規の若手研究者・みのりを鈴木杏が演じる。

■放送情報
土曜ドラマ『今ここにある危機とぼくの好感度について』
NHK総合にて、2021年4月スタート(連続5回) 毎週土曜21:00〜21:49放送 ※4K制作
出演:松坂桃李、鈴木杏、渡辺いっけい、高橋和也、池田成志、温水洋一、斉木しげる、安藤玉恵、岩井勇気、坂東龍汰、吉川愛、若林拓也、坂西良太、國村隼、古舘寛治、岩松了、松重豊ほか
作:渡辺あや
音楽:清水靖晃
語り:伊武雅刀
制作統括:勝田夏子、訓覇圭
演出:柴田岳志、堀切園健太郎

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる