『エール』窪田正孝は唐沢寿明、二階堂ふみは薬師丸ひろ子に似てきた? 貫禄を放つ古山夫妻

『エール』窪田正孝は唐沢寿明、二階堂ふみは薬師丸ひろ子に似てきた? 貫禄を放つ古山夫妻

 華(古川琴音)に運命の出会いが訪れた『エール』(NHK総合)第23週「恋のメロディ」。真面目で優しい性格が誤解され、“重い”と言われがちな華の良さをわかってくれたのは、ロカビリー歌手のアキラ(宮沢氷魚)だった。

 アキラは華が勤務する病院の患者であり、さらには作曲家である父・裕一(窪田正孝)の同業者。子煩悩な裕一にアキラとの結婚を認めてもらうため、華は音(二階堂ふみ)と計画を練る。音は裕一にそれとなくロカビリーのレコードを聴かせるも、歌謡曲や西洋音楽に精通する裕一は微妙な反応。そんな家族を見兼ねて、神様がそっと手助けするように裕一が胃潰瘍でアキラの入院する病院に運ばれたのだった。

 手術の後、裕一が目覚めるや否や「お父さん」と真面目な顔で見つめるアキラ。「え? 今お父さんって言った?」と困惑気味な裕一の言葉を音と裕一は必死でごまかす。空気が読めないアキラと状況が読めない裕一のやりとりが何ともコミカルだ。

 ともかくアキラが退院するまで、音と華は結婚の話を後回しにすることに。嘘をついたら後が大変なのに、アキラは自分の職業をとび職と偽る。裕一と2人きりの夜は毎回、体調が悪いふり。こうして、ただのロカビリー歌手から“嘘つきのロカビリー歌手”に昇格(?)したアキラだが、華はすっかり彼にお熱。「(演技がうまいから)俳優でもいけるかもな~」「やりはじめたらひたむきなんだ~」とうれしそうな娘の笑顔を、温かく見守る音はすっかり母の顔だ。裕一に恋したかつての自分と華の姿を重ねているのだろうか。

 今週は華とアキラの物語でありながら、理想的な夫婦に成長した裕一と音の絆を感じさせる回だった。2人がたくさんの困難を乗り越え愛を貫けたのは、東京で彼らを迎えた喫茶「バンブー」の梶取夫妻をはじめ、頼もしい存在が周りにいたから。そんな裕一と音が先週に引き続き、いつの間にか家族の成り立ちを“見守る側”に変わっている。なにより裕一はちょっと頼りないけど、いざという時には一家の大黒柱として奮闘する三郎(唐沢寿明)に、音は持ち前の明るさで、太陽のように家族を包み込む光子(薬師丸ひろ子)に、それぞれ似てきたのが感慨深い。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる