泉澤祐希、途中登場でも『エール』を背負える人に 典男の背景を滲ませる佇まい

泉澤祐希、途中登場でも『エール』を背負える人に 典男の背景を滲ませる佇まい

 今週のNHK連続テレビ小説『エール』は「ふるさとに響く歌」と題され、各々の弟にまつわる物語が繰り広げられた。新たなキャラクターも多数登場し、作品を盛り上げる。

 自身の複雑な家庭環境から、家族にまつわる歌詞を書けず苦労していた鉄男(中村蒼)。裕一(窪田正孝)とともに、母校の校歌を作り、そのお披露目会に出るために福島に帰ったことで、大きく道が拓ける。これまで家族について、兄弟について語ってこなかった鉄男だが、この里帰りを通して裕一に家族のことを話す。そして母校で講演をしたことがきっかけとなり、長い間離れ離れになっていた弟の典男と再会を果たすのであった。そんな典男を演じたのは、朝ドラ4度目の出演となる泉澤祐希だ。

 5歳でデビューした泉澤は子役時代から様々なドラマで活躍し頭角を現す。『白夜行』(TBS系)で山田孝之演じる主人公・桐原亮司の幼少期を演じた子役と言えば、ピンとくる視聴者も多いだろう。泉澤と福田麻由子の芝居の巧みさは、そのセンセーショナルなストーリーも相まって、当時かなりの話題になった。また、NHK連続テレビ小説においては『すずらん』で主人公の兄弟役の幼少期を務め、その後、『マッサン』に出演、『ひよっこ』ではオーディションを勝ち抜き、有村架純演じるヒロインの幼なじみ役を手に入れるなど、一歩ずつ着実にキャリアを積み上げている。

 さらに泉澤はNHK大河ドラマでも活躍しており、『功名が辻』、『花燃ゆ』、『西郷どん』に出演。その後も『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)、『少年寅次郎』(NHK総合)にレギュラー出演するなど活躍の場をどんどん広げている。今回の『エール』では、出演時間こそ短いものの鉄男の生き別れていた弟という重要な役を務め、福島弁の床屋の亭主役を熱演した。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる