浜野謙太&川栄李奈、『ソウルフル・ワールド』日本語吹替版声優に 「嬉しすぎて叫びました!」

浜野謙太&川栄李奈、『ソウルフル・ワールド』日本語吹替版声優に 「嬉しすぎて叫びました!」

 12月25日よりDisney+(ディズニープラス)で配信される映画『ソウルフル・ワールド』 の日本語吹替版声優を、浜野謙太と川栄李奈が務めることが発表された。

 『トイ・ストーリー』制作25周年に贈るディズニー&ピクサー最新作となる本作では、“生まれる前の魂の世界”が描かれる。『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝き、現在はピクサーのトップであるチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるピート・ドクターが監督を務めた。

 ジャズ・ピアニストを夢見る音楽教師のジョーはある日、ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、浮かれ気分で街を歩いている最中にマンホールへ落下してしまい、目を覚ますと青く可愛らしい姿に。そこは生まれる前に「どんな自分になるか」を決める “魂(ソウル)の世界”だった。その世界でソウルたちは夢や情熱、興味など自分の人生を輝かせてくれる“人生のきらめき”を見つけることで、人間の世界に生まれることができる。そこでジョーが出会うのは、自分のやりたいことが見つけられず、「人間の世界に行きたくない」と何百年もソウルの世界に留まっているソウルの22番。22番にジョーは、“きらめき”を持つことの素晴らしさ伝えようとするが……

 浜野はジョーを、川栄は22番を演じる。2人は、US本社のオーディションを経て、今回のディズニー&ピクサーの日本語吹替版声優の座を射止めた。ともに初のディズニー&ピクサー声優挑戦となる2人。浜野は「オーディションに参加できるだけでもすごく嬉しかったですし、本気で頑張ったので、受かったことが単純に嬉しかったです」とコメントし、川栄は、「本当に嬉しかったです。嬉しすぎて叫びました!」と喜びを語った。

 それぞれが演じる役柄について、浜野は「自分に本当に近い存在ですね。プロのジャズ・ピアニストになる夢だけを追い続けるジョーを観て“俺だ!”と思いました」とジョーとの共通点を語る。「いろんなことを見失ってしまうことはあるけれど、一途に追い求めて一生懸命になっているというところが愛らしいですね。それがコメディーにもなったりして、そのジョーの必死なところが僕は大好きです」とキャラクターへの愛も明かした。

 一方の川栄は、「22番のように、“何をしたらいいのか”“自分のやりたいことってなんだろう”と悩んでいる人が私の周りや若い世代には多いかもしれないです」と22番が多くの人の共感を呼ぶキャラクターと分析。さらに、「そういう悩みを抱えている方はこの映画を見て考え方が変わると思います。これから先の大切なものが見つけられる映画です」と作品の魅力をアピールした。

■公開情報
『ソウルフル・ワールド』
12月25日(金)より、ディズニープラスにて独占配信
監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マレー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2020 Disney/Pixar.
公式サイト:Disney.jp/SoulfulWorld

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる