ミシェル・ロドリゲス製作総指揮 スタントウーマンの歴史に迫るドキュメンタリー、2021年1月公開へ

 ドキュメンタリー映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』が、2021年1月8日より公開されることが決定。あわせてビジュアルと予告編が公開された。

 本作は、『トゥルーライズ』『ワイルド・スピード』『マトリックス リローデッド』をはじめとした映画史に残るアクションシーンを演じてきたスタントウーマンたちの証言で紡ぎ出すドキュメンタリー。スタントウーマンたちの日々の鍛錬の様子やスタントウーマンの歴史を通して、ハリウッド映画の最前線で活躍するプロフェッショナルたちの姿を映し出す。

 昨今、スタントパフォーマーの存在はこれまで以上に映画産業の中で重要視され、アカデミー賞におけるスタント部門の設立などが声高に叫ばれてきている。しかし、ハリウッドでははるか昔の1960年代からスタントウーマンたちが活躍し、男性中心のスタントパフォーマーたちの世界で彼女たちの地位や権利を守るために戦ってきた歴史があった。

 製作総指揮を務めたのは、『ワイルド・スピード』シリーズなど、数々のアクション映画に出演してきたミシェル・ロドリゲス。作品のナビゲーターとしても出演し、スタントウーマンたちの素顔に迫っている 。

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』予告編

 公開された予告編では、スタントウーマンの1人が「プロとして尊敬されたい。女としてじゃなく」と述べるように、危険なカースタントや発火スタントに挑む様子やトレーニングの様子など、彼女たちのプロフェッショナルな姿が映し出される。『マトリックス』『ワイルド・スピード』『ジョン・ウィック』『キル・ビル』などから数々の名アクション
シーンも使用されている。

 『ゴーストバスターズ』監督のポール・フェイグも登場し、「女性のスタントがカギだ」と証言。また、白黒映画の時代からスタントウーマンたちが活躍していたことも明かされる。予告編の最後には、ロドリゲスがスタントウーマンの運転する車の助手席に乗り、実際にその走行を体験するシーンも見ることができる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』
2021年1月8日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:エイプリル・ライト
製作総指揮:ミシェル・ロドリゲス
配給:イオンエンターテイメント
配給協力:REGENTS
2020年/アメリカ/84分/日本語字幕:岡田壯平/原題:Stuntwomen: The Untold Hollywood Story
(c)STUNTWOMEN THE DOCUMENTARY LLC 2020
公式サイト:stuntwomen-movie.com
公式Twitter:@StuntWomenJp
公式Facebook:@StuntWomenJp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる