WACKドキュメンタリー第3弾『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』2021年1月公開決定

WACKドキュメンタリー第3弾『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』2021年1月公開決定

 BiSH、BiS、EMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAggが所属する音楽事務所WACKが送るノンフィクションエンターテイメント、映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』が2021年1月15日に公開されることが決定した。

 本作は、2020年3月、新型コロナウィルス感染拡大防止のための緊急事態宣言前に開催された、アイドルを目指す少女たちが夢を叶えるために参加した過酷な一週間のオーディション合宿と、その後を通して描かれる人間と時代のリアルを詰めこんだドキュメンタリー映画。本合宿オーディションは、ニコ生で毎日24時間配信され続け約270万人という来場者数を記録し、少女たちの過酷な試練に向き合う激動の日々は視聴者を釘付けにした。そんな中、ひと際目立つ対照的な2人の少女。本作は苦楽を共にする内に打ち解け、かけがえのない戦友となっていく彼女たちを軸に映し出していく。

 監督を務めるのは、WACK合宿映画である『世界でいちばん悲しいオーディション』『IDOL-あゝ無情-』に続き岩淵弘樹。さらに今作では、AV界の奇才監督であり、映画やテレビ番組と幅広く手掛ける、WACK映画の常連カメラマンでもあるバクシーシ山下、そしてWACK映像作品だけでなく数多くのアーティストの映像作品の監督を務めるエリザベス宮地が肩を並べ、初の3人監督体制となった。

『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』

 あわせて公開された特報では、BiSHのセントチヒロ・チッチの「勝つか負けるか」という言葉から始まり、BiSH「I’m waiting for my dawn」に合わせて、夢に向かって奮闘する候補者の表情や様子が日々の過酷さが映し出されている。

渡辺淳之介(プロデューサー)コメント

このオーディションドキュメンタリーは映画“フルメタルジャケット”さながらわずか一週間の合宿オーディションの中で成長を見せ、プロにならなくてはいけない少女たちの必死に食らいつく姿を追った作品となっております。
コロナ禍とはまた違ったタフなある種生きるか死ぬかのシチュエーションの中、必死にもがき苦しみそして、希望を見出す姿は共感できる方もたくさんいるのではないかと思います。
自分とは何か?頑張るってなんなのか?
そのそれぞれの候補者の物語は多種多様な価値感情を呼び起こします。
ぜひご覧ください。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』
2021年1月15日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次公開
監督:岩淵弘樹、バクシーシ山下、エリザベス宮地
プロデューサー:渡辺淳之介
出演:オーディション候補生、BiSH、BiS、EMPiRE、CARRY LOOSE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg
撮影:岩淵弘樹、バクシーシ山下、エリザベス宮地、白鳥勇輝
配給: 松竹 映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室
(c)WACK INC.
公式サイト:http://rolin-ston-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる