深田恭子が語る、『ルパンの娘』の独特すぎる空気感と現場への感謝 「私も元気をもらっています」

深田恭子が語る、『ルパンの娘』の独特すぎる空気感と現場への感謝 「私も元気をもらっています」

 “泥棒一家”の娘・華(深田恭子)と“警察一家”の息子・和馬(瀬戸康史)の波乱万丈のラブストーリー『ルパンの娘』(フジテレビ系)の続編が毎週木曜22時より放送中だ。前作に新たなキャストも加わりさらにパワーアップした本作。華と和馬は夫婦として暮らし、娘・杏(小畑乃々)は早くも小学生に。ストーリーも後半戦に差しかかり、今後の展開からますます目が離せない。

 今回、リアルサウンド映画部では主演の深田恭子にインタビュー。これまでのストーリーも振り返りながら、『ルパンの娘』ならではの空気感と魅力、意外な現場の裏側について語ってもらった。

「“泥棒マスク効果”を感じました(笑)」 

ーー2019年以来の続編となります。

深田:前作の収録が終わってから、そのまま本作にクランクインしたので、スムーズに役に
入ることができました。前作のときに、後ろに私の顔写真が入っている『ルパンの娘』Tシ
ャツを作成し、みなさんに差し入れをしたのですが、今回クランクインするときに現場でみなさんがそのTシャツを着てくださっていて。「捨てないでくれたんだ!」と思って、すごく嬉しかったですね。現場のみんなが仲が良くて、私も元気をもらっています。華を演じるのも楽しいです。

――再び泥棒スーツに身を包んだときの気持ちは?

深田:泥棒スーツとマスクを着けたからこそ言えるセリフがあるんです。“泥棒マスク効果”を感じました(笑)。泥棒スーツもマスクも私のために特別に作っていただいているものなので、愛着もあるし、着心地もいいんです。

ーー新キャストとして加わった橋本環奈さんとは初共演となります。

深田:すごく透明感と安心感があって、頼もしい存在です。泥棒と探偵という関係でもあるので、共演シーンがあまりないのが残念です。

――前作よりパワーアップしたと思う部分はありますか?

深田:橋本さんの存在やストーリーももちろんなんですが、それに加えて、「え、この人が!?」というぐらい、いろんな人が歌い出します(笑)。

――深田さんも前作に引き続き歌って踊っています。

深田:そうですね、今回は前作以上に大きくやりたいです(笑)。実はフラッシュモブに憧れがあったので、今後挑戦できたら嬉しいです。

ーー第2話の出産シーンも話題を呼びました。

深田:出産シーンは、すごく一生懸命やりました。出来上がりを観たらすごくビックリしました。それはそれは神々しいシーンになっていて(笑)。第1話も驚きと面白さがありましたけど、第2話はそれを上回る衝撃でした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる