小沢真珠が語る、『牡丹と薔薇』でのイメージへの本音 『ルパンの娘』悦子役も転機に

小沢真珠が語る、『牡丹と薔薇』でのイメージへの本音 『ルパンの娘』悦子役も転機に

 女優として世間に知られるきっかけとなった月9ドラマ『君といた夏』(フジテレビ系、1994年)での清楚な少女役のイメージから、2004年に放送された昼ドラ『牡丹と薔薇』(東海テレビ・フジテレビ系)で「役立たずのブタ!」と罵り、インパクトを放ってきた小沢真珠。以来、迫力のある悪女役のイメージが強い小沢だが、昨年に引き続き出演している『ルパンの娘』(フジテレビ系)でも、深田恭子演じる華の“母親”という役どころで、エキセントリックさにますます磨きがかかっている。

 今回、リアルサウンド映画部では、小沢にインタビューを行い、『牡丹と薔薇』で染み付いたイメージに対しての本音や、『ルパンの娘』での反響をどう感じているのか語ってもらった。(編集部)

「テンションを上げるのにすごく苦労した」

――前作の撮影時から、「続編があったらいいな」との思いはありましたか?

小沢真珠(以下、小沢):「続編があったら」までスケールが大きいものではないですが、悦子という役を初めて演じる時、テンションを上げるのにすごく苦労したんです。初日に監督から「もっと、もっと、もっと上げて!」と言われて、本番も十何回もやって。でも、それを超えて“悦子のテンションはここなんだ”というポイントを見つけてからは、楽しめるようになりました。終盤には色々と遊べるようになってきていたので、正直、この役から離れたくないと思っていましたし、もし「また、やってください」と言われたら、是非という思いはありました。

――悦子は55歳で、深田恭子さん演じる華のお母さん。そんな役柄を小沢さんが演じられると聞いて驚いたのですが、小沢さんご自身は、どう思われましたか?

小沢:今、本当に忘れていました……自分が55歳だってこと(笑)。そのくらいに馴染んじゃってるんですけど、最初は大丈夫かな? という不安はありました。でも、監督が教えてくださったことを忠実にやっていけば、自然と55歳に見えてくるかなと。“55は後からついてくる”みたいな(笑)。私の不安を、悦子のテンションとキャラクターが上回っちゃったんですよね。だからもう、誰もツッコめないようにしちゃっている気がします(笑)。

――反響もすごく大きかったのでは?

小沢:私は娘が2人いるんですけど、幼稚園のお友達も『ルパンの娘』が大好きになってくれました。だから、子どもたちを惹きつける何かがあるのかなと思いますね。ママたちは詳しく理解してくださっているので、続編のオンエアが始まる前から「そろそろ、始まりますね!」「お忙しいでしょう」って(笑)。

――(笑)。続編クランクイン前のお気持ちは?

小沢:前作と比べたら、緊張感や不安な要素はもちろんなくて、楽しみのほうが大きかったです。撮影が始まってからは、やっぱり「大丈夫かな」とか「足りないかな」とか常に考えていますけど、それでも前回とはだいぶ違います。

――感覚的に、すぐ悦子に戻れましたか?

小沢:それが、自分でもびっくりするくらいすぐに戻れました(笑)。いくら一回やっているとはいえ、実際、現場に入ってみないとわからないじゃないですか。また、テンションを上げるまでに時間がかかるのかなと思ったら、まったくそれはなかったです(笑)。

――そのくらい、悦子が体に馴染んでいたんですね。

小沢:そうですね。あとは、みなさんと1年前と変わらないテンションでの掛け合いがあったので、そういうところに引っ張られたっていうのもあると思います。全体の雰囲気と、それからセットですよね。あのセットさえあれば大丈夫、というところまで作り込まれているので。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる