片桐仁、朝ドラ『エール』に新たな光もたらす? “芸人俳優”屈指のバランス感が演技の武器に

片桐仁、朝ドラ『エール』に新たな光もたらす? “芸人俳優”屈指のバランス感が演技の武器に

 片桐仁演じる、新聞記者・大倉憲三。大倉は、裕一(窪田正孝)の全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」の誕生に関わることになる。ラーメンズ、エレ片としての芸人の活動はもちろん、これまでも数多くの作品に出演してきた片桐。『エール』本格出演でどのような演技を見せるのだろうか。

 ライターの久保田和馬氏は、本作での片桐の起用について以下のように語る。

「NHK連続テレビ小説はこれまでも芸人が数多く出演してきました。同じく本作に出演したハナコの岡部大さん然り、『スカーレット』ではマギーさんやTKOの木本武宏さん、『なつぞら』では麒麟の川島明さん、『半分、青い。』では有田哲平さんなど、バラエティに富んだ幅広いキャスティングが朝ドラらしさでもあります。片桐さんもそういった系譜の一人であると感じる一方で、すでに俳優としてのイメージがお茶の間に定着しているようにも思えます」

 片桐のこれまでの出演作での演技を、久保田氏は次のように振り返る。

「『99.9-刑事専門弁護士』(TBS系)や『あなたの番です』(日本テレビ系)も、作品自体がシリアスな中で、片桐さんはいわゆるコメディー的な役割を担っていました。もともとラーメンズとしての活動でも、芸人としての枠にとどまらない個性が際立っていましたので、同じようにひとつのポジションに止まらない、型にはまらないタイプの俳優といった印象です。しかも、共演者を立てながら自身の個性をしっかりと出すバランス感があるので、ゲスト出演だけでもインパクトがあります。ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)にゲスト出演した際の、傲慢で警戒心が強い重要参考人の役もすごく印象に残っています。『あな番』でもそうでしたが、ああいう神経質な役を演じていても嫌な感じがしないのは連続テレビ小説という枠においては重要ですよね。これまでも『ゲゲゲの女房』『とと姉ちゃん』と出演しているだけあると思います」

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる