吉岡秀隆、朝ドラ初登場で『エール』を一段と深い次元へ 裕一の心を変えるキーパーソンに

吉岡秀隆、朝ドラ初登場で『エール』を一段と深い次元へ 裕一の心を変えるキーパーソンに

 『エール』(NHK総合)第19週「鐘よ響け」に俳優の吉岡秀隆が出演している。吉岡が演じるのは医師の永田武。永田のモデルとなった永井隆医師は、原爆投下直後の長崎で被爆者の救護と治療を行い、その様子を著書に記した。これに触発されて出来た曲が著書と同名の「長崎の鐘」で、作曲を古関裕而が手がけた。

 吉岡は初の朝ドラ出演。子役時代からドラマや映画で親しまれてきた吉岡が『エール』に登場する意義は大きい。名作ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の黒板純や映画『男はつらいよ』の満男役には吉岡の成長過程が刻まれている。2000年代以降も『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』など代表作を残しており、日本屈指の名優と呼んで差し支えないだろう。

 黒澤明や山田洋次に薫陶を受けた吉岡だが、不思議と朝ドラや大河ドラマとは縁がなかった。吉岡の出演作にはシリーズ化された作品が多く、撮影スケジュールなどが影響したのかもしれない。吉岡の俳優としてのキャリアについては多言を要しないが、少年時代の純朴さがそのまま大人になったような落ち着いた風貌と、優しく語りかける口調は役者としての特徴になっている。

 離島医療に携わる『Dr.コトー診療所』の五島医師や『ALWAYS 三丁目の夕日』の主人公・茶川は、繊細でどこか影を感じるキャラクターだったが、朴訥とした面影を残していた。内に秘めた情の厚さは子どもたちに向ける眼差しに表れており、どちらも主人公の魅力が物語の原動力になっていた。また、横溝正史原作『悪魔が来りて笛を吹く』、『八つ墓村』(いずれもNHK BSプレミアム)では、穏やかさの中に機知が光るユーモラスな金田一耕助像を体現した。

 北海道の雄大な自然に抱かれて飛躍を遂げただけあって、吉岡の風景に溶け込む力は際立っている。それはCGやセットであっても変わらない。まるで役者の方が情景を呼び寄せているようで、それくらい吉岡の演技はシーンと一体化している。『Dr.コトー診療所』で、自転車に乗った五島が与那国島の海岸沿いを走るエンディングの美しさは特筆ものだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる