ディーン・フジオカが目指す、理想のダークヒーロー像 『危険なビーナス』をいま描く意義は?

ディーン・フジオカが目指す、理想のダークヒーロー像 『危険なビーナス』をいま描く意義は?

 日曜劇場『危険なビーナス』(TBS系)が10月11日より、ついにスタートした。ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を原作に繰り広げるラブサスペンスだ。初回では、獣医の手島伯朗(妻夫木聡)が、「弟の妻」を名乗る謎の美女・矢神楓(吉高由里子)と共に、名家・矢神家の遺産をめぐる謎に巻き込まれていく姿が描かれ、平均世帯視聴率14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2桁好発進を記録した。

 弟の失踪から始まり、疑惑の遺産、過去に起こった事件の真相、そして楓の正体……謎が謎を呼ぶ展開が、豪華キャスト陣によって紡がれていく。なかでも、主人公・伯朗にとって天敵とも言える矢神家の養子・矢神勇磨を演じるディーン・フジオカの存在が光る。「負け犬」など事あるごとに伯朗を見下し、嫌味を言って挑発。さらに、伯朗の弟・明人(染谷将太)の妻であることを知りながら、楓にアプローチする強気な姿勢も伯朗の心を一層やきもきさせるのだ。

 そこで今回は、本作きってのヒール役に徹しているディーン・フジオカにインタビュー。勇磨というキャラクターへの思い、共演者たちとの裏話、そして原作物を演じる上で念頭に置いていることについて聞いた。

勇磨を様式美あるダークヒーローに

――今回、矢神勇磨という役を、どんな思いで演じていらっしゃいますか?

ディーン・フジオカ(以下、ディーン):そうですね。ひと言で言うと“悪いやつだな“って思います(笑)。矢神家の莫大な遺産を欲してる人間たちの1人であり、自分の目的を達成するためには手段を選ばないキャラクターなので。普段、社会人として生きていたら、「負け犬!」とか絶対言わないじゃないですか。でも、勇磨っていう役としてカメラの前でやると「いい演技だったよ」と言ってもられるっていうのは最高ですよね。悪役の魅力だなって思います。

――“悪いやつ“なキャラクターは、演じていて楽しいですか?

ディーン:どうでしょうね、悪役といってもいろいろありますから。自分が嫌悪感を持つような言動を取るキャラクターだと、やっぱり気持ちのいいものではないですけれど、勇磨ぐらいの度合いだとすごくちょうどいいですね。原作を読んだ方はわかるかもしれませんが、彼の威圧的な態度には相応の背景があるわけで。「実は悪いやつじゃない」とは言いませんが、誰も信じられないから自分で道を切り開いていくみたいな生き方をしてきたので、腑に落ちるというか。だからこそ、前半は伯朗にとって大きな壁であることを意識していますし、威圧的であるほど伯朗にとっての挑む姿勢みたいなものがより引き立つ。作品全体にとっても貢献できるんじゃないかと思います。

――勇磨はヒールでありながらも、「人を魅了する悪魔的なキャラクター」と、プロデューサーさんの言葉がありました。演じる上で、意識されている部分はありますか?

ディーン:見ていてただ鬱陶しい悪役にはならないように、様式美みたいなものは意識しています。ただの粗暴な人間ではなく、そこはダークヒーローのように一本筋の通った、勇磨なりの美学みたいなものを持たせたいな、と。例えば、セリフの間の取り方、立っているときの姿勢、髪型や身につけているもの……外見を整えることで勇磨っていうキャラクターの説得力が増す作り方をしています。そこは、自分1人だけではなく、監督やスタッフのみなさんと一緒に「勇磨だったらこうだよね」って日々研究している感じですね。

緊張感ある本編とは異なる温かな現場

――伯朗役の妻夫木聡さんとの共演はいかがですか?

ディーン:ブッキーとは同い年でもあり、彼も日本を飛び出して仕事をしてきたっていうのもあり、バックグラウンドのところですごく近いものがあるなっていうのを感じています。自分が観てきた景色と近いものを共有できるというのは、すごく嬉しいです。とはいえ、特に規模の大きな話をしているわけではなく、「あそこの国のどこどこ行った?」とか「何食べた?」みたいな身内ネタというかピンポイントな話が中心ですね。

――吉高由里子さんとはいかがですか?

ディーン:初日からすごく気さくに話しかけてくれました。実は以前から共通の知り合いがいるので、他の現場で会った時には挨拶したり、電話で話したことはあったんです。この前も、おすすめのお寿司屋さんの予約を取ってもらったんですが、「吉高です」って、さも自分が“吉高“かのように店に入って寿司を食べてきたっていう(笑)。あ、もちろん自分で払いましたけど! その恩もあるので、忙しい時期が落ち着いたら、今度は自分が予約をしてゆりちゃんを連れて行きたいなと思っています。

――妻夫木さんを「ブッキー」、吉高さんを「ゆりちゃん」と呼んでいらっしゃるんですね。逆におふたりからは、なんと呼ばれているのでしょうか?

ディーン:ブッキーは「ディーンくん」とか「ディーン」みたいな感じ。ゆりちゃんは、なんて言ってたかな? 「おディーン」とか「おディーンさん」とか? それぞれ変わるのね、タイミングによって呼び方が(笑)。そういう感じで、みんな明るく楽しくやっています。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる