妻夫木聡主演『危険なビーナス』映像化で注目すべき“謎” 結末は原作通りか、オリジナルか?

妻夫木聡主演『危険なビーナス』映像化で注目すべき“謎” 結末は原作通りか、オリジナルか?

 10月11日22時より、TBS日曜劇場『危険なビーナス』がいよいよスタートする。主人公・手島伯朗に妻夫木聡、ヒロイン・矢神楓に吉高由里子と初共演コンビを迎え、ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を原作にラブサスペンスを描いていく。本作の醍醐味は、伯朗と楓が、名家・矢神一族の財産争いを軸に発生した様々な謎を解明しようと奔走するドキドキ感にある。しかし、その2人の関係性そのものも謎な部分があって……。そこで今回は、放送直前ということで、原作小説を読み一足先に第1話の映像を視聴した筆者が、本作で注目すべき“謎”をおさらいしていく。

<第1の謎>弟・明人の失踪と美女・矢神楓の出現

 ある日、獣医をしている伯朗のもとに、突然「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓がやってくる。伯朗の異父弟・明人(染谷将太)が失踪したので助けてほしい、というのだ。伯朗と明人は、最近連絡を取ることもなく、結婚したことすら聞かされていなかった。

 明人は矢神家の後継者であり、もしかしたら相続争いが絡んでいるのではないか、と続ける楓。たしかに、矢神家の財産を狙った誰かによって誘拐された可能性もある。しかし、楓がその犯人であることだって否定できない。

 そんな疑惑を持ちながらも、美人にめっぽう弱い性格も手伝って、楓に協力することに。異父弟の妻という立場から見ても、決して惹かれてはイケない相手だ。だが、そう思えば思うほど、彼女の魅力にハマっていく。果たして、この美女は本当に明人の妻なのだろうか? タッグを組んだ相手にも緊張感と危険な恋の香りが漂うのは、本作の大きな魅力だ。

 フワフワとしていそうなのにちゃっかりしていて、何を企んでいるのかいまいち見えない謎の美女・楓というキャラクターが、マイペースで飄々とした吉高が好演。そして、表情をくるくると変えてくる楓に翻弄される伯朗の姿も、妻夫木の困ったように笑う優しい雰囲気にマッチしている。

<第2の謎>矢神家の複雑な家系図と遺産

 明人の失踪に深く関与していると思われる矢神家は、代々続く医師家系。医学界にも影響を持ち、矢神総合病院を営む名家。30億円とも言われる遺産は、前当主・康之介(栗田芳宏)の遺言状により、すべて明人が相続するものとされた。現当主であり明人の父・康治(栗原英雄)も末期がんで余命いくばくもない身。そこで、矢神家の面々は改めて相続問題を話し合おうと集結する。

 だが、その矢神家の家系図は実に複雑。床に伏している康治に代わり、矢神低を管理しているのは、康之介の実子で康治の実妹・波恵(戸田恵子)。そこに、康之介と後妻の間に産まれた祥子(安蘭けい)。その夫で介護施設グループを営む支倉隆司(田口浩正)と実娘の百合華(堀田真由)の支倉一家。証拠の弟で社交性のない医師の牧雄(池内万作)。康之介の養子で若手実業家の勇磨(ディーン・フジオカ)、同じく養女の矢神佐代(麻生祐未)が顔を揃える。さらに、使用人の君津光(結木滉星)、康治の専属看護師・永峰杏梨(福田麻貴/3時のヒロイン)が屋敷を出入りする。

 豪華キャストによって演じられる訳アリな矢神一族。それぞれ何かを狙って、この場に集まっているのは伝わってくる。この中の誰かが明人の失踪に関与しているのか。なかでも、小さい頃から勇磨は、連れ子として矢神家にやってきた伯朗をバカにし、何かとつっかかってくる。勇磨と伯朗との関係性を筆頭に、矢神家一族とのヒリヒリするやり取りにも注目だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる