アニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』本予告公開 見取り図がゲスト声優に

アニメーション映画『ジョゼと虎と魚たち』本予告公開 見取り図がゲスト声優に

 芥川賞作家・田辺聖子の代表作をアニメ映画化する『ジョゼと虎と魚たち』にお笑いコンビの見取り図が参加していることが発表され、あわせて本予告が公開された。

 2003年に妻夫木聡と池脇千鶴の主演で実写映画化もされた『ジョゼと虎と魚たち』。趣味の絵と本と想像の中で、自分の世界を生きる車椅子のジョゼが、ある晩、大学生の恒夫と出会い、彼とともに外の世界へ飛び出すことに決める。瑞々しく真っすぐな純愛の中、誰かを通じて自分とお互いを知って前に進む姿が描かれる。

 監督を務めたのは、『おおかみこどもの雨と雪』の助監督や、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータロー。脚本は、『ストロボ・エッジ』の桑村さや香が担当。『妖狐×僕 SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインを手がけ、アニメーション制作は『鋼の錬金術師』や『僕のヒーローアカデミア』などのボンズが担当する。

 留学する夢のためにアルバイトに勤しむ大学生・恒夫の声を中川大志が担当し、かわいらしい見た目とは裏腹に口が悪い、車椅子のヒロイン・ジョゼの声優を清原果耶が務める。また、彼らを取り巻く主要キャラクターとして、二ノ宮舞役の宮本侑芽、松浦隼人役の興津和幸、岸本花菜役のLynn、山村チヅ役の松寺千恵美が参加する。

 今回ゲスト出演が発表された見取り図の盛山晋太郎は、恒夫がバイトしているダイビングショップの西田店長役、リリーは駅員として参加する。

映画『ジョゼと虎と魚たち』本予告映像

 公開された本予告は、ジョゼから投げかけられる無理難題に振り回される恒夫のコミカルな姿と、わがまま放題なジョゼが心に抱える孤独や寂しさも切り取られている。「夢は夢、現実は現実」「願いが叶うなんて迷信」という言葉にふさぎ込んでしまいそうなジョゼに「自分で確かめたいんだろ?」と声をかけ、ジョゼと共に様々な場所に出かける恒夫の姿が。また、Eveによる挿入歌「心海」も披露されている。

見取り図 コメント

盛山晋太郎(西田店長役)

よく声が特徴的だねと言われてたので、このお話が来た時はすごく嬉しかったです。作品を見て頂いたら分かると思いますが、
僕が演じさせて頂いたのは主人公恒夫が働いている職場の店長でして、イケメンで爽やかな後輩にも優しい男性です。
本当に僕でいいのだろうかと思いましたが、全力で演じさせてもらいました。
大阪弁の役だったのですが声優を務めるのが初めての経験だったので、いま自分が話してるのが大阪弁かどうか、大阪人の僕でも分からなくなりました!笑
僕のことを知ってくれてる方はめちゃくちゃ盛山やないか! となると思います!
そしてこんな素敵な映画に少しでも携われたことが光栄です。是非とも映像美や音楽、素敵なストーリーを楽しんでください。きめ細かく描かれている背景にも注目してもらい、いつか作品舞台・大阪に足を運んで頂けたら何度も楽しめると思います!

リリー(駅員役)

声優はやってみたい仕事の1つだったので、ひとつの夢が叶いとても嬉しいです! 僕が演じたのは駅員さんで、かなり役に入り込み演じさせていただきました!
そしてストーリー、映像、音楽どれも素晴らしく、おじさんの僕でもキュンキュンしてしまいました!!
心が洗われること間違いなしなので皆様、是非映画館へ足をお運び下さい!

■公開情報
アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』
12月25日(金)全国公開
キャスト:中川大志、清原果耶、宮本侑芽、興津和幸、Lynn、松寺千恵美、盛山晋太郎(見取り図)、リリー(見取り図)
原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫刊)
監督:タムラコータロー
脚本:桑村さや香
キャラクター原案:絵本奈央
キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子
コンセプトデザイン:loundraw (FLAT STUDIO)
音楽:Evan Call
アニメーション制作:ボンズ
主題歌・挿入歌:Eve「蒼のワルツ」/「心海」(TOY’S FACTORY)
配給:松竹/KADOKAWA
製作:『ジョゼと虎と魚たち』製作委員会
(c)2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
公式サイト:http://joseetora.jp
公式Twitter:https://twitter.com/joseetora_movie
公式Instagram:https://www.instagram.com/joseetora_movie/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる