唐沢寿明、『24』日本版リメイクへの意気込み明かす ジャック・バウアー芸人もエール

唐沢寿明、『24』日本版リメイクへの意気込み明かす ジャック・バウアー芸人もエール

 10月9日より放送がスタートするドラマ『24 JAPAN』(テレビ朝日系)の制作発表記者会見が行われ、唐沢寿明、仲間由紀恵、栗山千明、池内博之、木村多江が登壇した。

左から池内博之、仲間由紀恵、唐沢寿明、栗山千明、木村多江

 本作は、アメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ『24-TWENTY FOUR-』をテレビ朝日が20世紀FOX社と組んでリメイクするもの。“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写したオリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”が誕生するまでの24時間を描く。唐沢寿明が日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬を演じ、仲間由紀恵が日本初の女性総理候補・朝倉麗役を務める。

 会見はCTUのセットにて行われた。まず主演の唐沢は、「獅堂現馬。逆から読むと“現場指導”ということで、現場指導も兼ねてキャスティングされたんじゃないかと噂が流れております」とジョークも織り交ぜながら挨拶。

 制作発表にあたり、オリジナル版のプロデューサーのハワード・ゴードンからメッセージが到着。本日朝の4時にメールで届いたという激励に出演陣も喜びの顔を見せる。

 『24』の原作の印象や、撮影にあたる気持ちを聞かれると、唐沢は「当時から携帯の着信音をCTUにしていて、この作品のオファーが来たときに妙に意識してしまい、『(ジャック・バウアーは)唐沢さんじゃないの?』と思われないように、まず着信音を変えました(笑)」と意外なエピソードを明かす。撮影中の現場については、「シーズン1はミサイルが飛んでくるとか派手なシーンはないんですけど、その分緊張感のあるやりとりが多く、大きなシーンではなくても、演じると意外と疲れます。オリジナルを観ていた人たちにもそれに準ずるような熱量を伝えたい」と意気込みを明かした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる