唐沢寿明、仲間由紀恵ら共演『24 JAPAN』はどうなる? オリジナル版から日米キャストを比較

 いよいよ10月9日からスタートする『24 JAPAN』(テレビ朝日系)。世界的大ヒットドラマの日本版リメイクは、テレビ朝日が20世紀FOXとタッグを組み全24話で放送されるなど、本家に負けない本格仕様となっている。すでに出演者も発表され本編への期待も高まる中、日米のキャストを比較し、作品の行方を占ってみたい。

ジャック・バウアーは唐沢寿明

 スリル、サスペンス、アクションが息つく間もなく展開するオリジナル版『24 -TWENTY FOUR-』の主人公と言えば、ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)。誰もが一度は名前を聞いたことがある連邦捜査官は『24』の代名詞的存在であり、拳銃を構えたガンアクションのパロディでも有名だ。

 ジャックの日本版、獅堂現馬を演じるのは唐沢寿明。ブルース・リーに憧れて芸能界に入っただけあって、危険を顧みず敵の渦中に飛び込む獅童のイメージは唐沢にぴったりだ。多くのジャンルで代表作を残してきた唐沢だが、ここ数年『THE LAST COP/ラストコップ』や『ボイス 110緊急指令室』(いずれも日本テレビ系)で本格アクションシーンを披露するなど、シャープさに磨きがかかっている。『THE LAST COP』ではドイツ版のリメイクに挑戦し、最終話で警察署シーンを生放送するなど、現場対応力も抜群。『24 JAPAN』チームを力強く牽引してくれるはずだ。

CTUは納得の人選

 獅堂とともに任務にあたるCTU(テロ対策ユニット)は、オリジナル版の名称を引き継いだ。ジャックの右腕として活躍するニーナ・マイヤーズ(サラ・クラーク)にあたるのが水石伊月(栗山千明)だ。映画『バトル・ロワイアル』『キル・ビル Vol.1』で鮮烈なバトルシーンを演じた栗山は、捜査官役の経験も豊富。映画『劇場版 SPEC』や『遺留捜査』(テレビ朝日系)シリーズに加え、『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(BSテレ東)では頭脳明晰な知性派刑事を好演しており、納得の人選と言える。

 また、オリジナル版でニーナと恋愛関係にあったのがチームのNo.3であるトニー・アルメイダ(カルロス・バーナード)で、ジャックを加えた3人の関係が重要な伏線となった。トニーにあたる南条巧を池内博之、またCTUで暗号解読を担当するジェイミー・ファレル(カリーナ・アロヤグ)ことシングルマザーの明智菫を朝倉あきが演じるなど、実力派をそろえた最高のチームが集結した。

 CTU東京本部の第1支部長で、獅堂の直属の上司にあたる鬼束元司を演じるのは佐野史郎。オリジナル版のジョージ・メイソン(ザンダー・バークレー)は、序盤でジャックに麻酔銃を撃たれた男と言えばわかるだろうか。『24 JAPAN』公式サイトでは「出世第一主義の食えない男」とされており、現場第一の獅堂とは馬が合わない。佐野と唐沢は共演も多く、ベテラン2人のかけ合いにも注目だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる