眞島秀和が語る、『おじカワ』の経験と同作に寄せる想い 「人に優しくできるきっかけになったら」

眞島秀和が語る、『おじカワ』の経験と同作に寄せる想い 「人に優しくできるきっかけになったら」

 人には言えない「好きなもの」を抱えるおじさんたちの微笑ましくも時にグッとくる日常を描いたドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。』(読売テレビ・日本テレビ系)。おじさんたちの愛らしさと多様性時代にフィットした深いメッセージが反響を呼び、放送時間帯は深夜ながら毎回Twitterにトレンド入りするほどの人気を博した。

 主人公・小路三貴を演じたのは、俳優の眞島秀和。普段は部下たちから憧れの視線を集める「イケオジ」だが、推しキャラ・パグ太郎のことになると愛が止まらない小路を、時にスタイリッシュに、時にチャーミングに演じ、視聴者の共感を集めた。最終回を終えた今、本作に寄せる想いを改めて眞島に語ってもらった。(横川良明)

「僕の推しは愛犬のハナちゃんです」

――大きな話題を呼んだ『おじカワ』が無事に最終回を迎えました。

眞島秀和(以下、眞島):撮影期間が1カ月強だったこともありますけど、本当にあっという間でしたね。僕もオンエアはほぼリアルタイムで観ていましたが、もう最終回かという感じで。いろんなところで話題にしていただけたことは本当にありがたかったですし、原作を読んだときから、心優しい登場人物ばかりなのがすごく印象的で。コロナのこともあって何かとギスギスしやすいこのご時世に『おじカワ』のようなあったかいコメディができて良かったなと思いました。

――改めてですが、小路さんと眞島さんご自身に共通点はあるのでしょうか。

眞島:小路さんにとってのパグ太郎のような、キャラクターや物に対する愛情はそこまでないですけど、僕は犬を飼っているので、僕が愛犬のハナちゃんを愛でる気持ちは、大きく言えば共通する部分かもしれません。

――眞島さんの推しは、ハナちゃんなんですね(笑)。

眞島:そうですね。もう毎日かわいいです(照)。うちの愛犬はいい匂いがするんですよ。他の人からするとただの親バカなんですけど(笑)。ふとしたときに愛犬の写真を見て励まされたりとか、そういうのはありますね。

――眞島さんも愛犬といらっしゃるときは、パグ太郎を前にした小路さんみたいになるんですか?

眞島:近いものはあると思いますよ。あまり人様に見せられるものではないところとか(笑)。なので、小路を演じるにあたっても、まずは愛犬をかわいがる気持ちを入り口に役をつくっていきました。

――真純(藤原大祐)に見つからないようにパグ太郎グッズを隠すところなど、小路さんのコミカルな面がすごく光っていました。コメディを演じる上で意識したことはなんですか?

眞島:ギャップですね。職場ではきちんと仕事をしているからこそ、パグ太郎を前にしたときのギャップが際立つ。そのメリハリを大事にするのと、あとはできるだけ「どこかにこういう人がいるかもしれない」と思える部分を残せるように意識していました。コメディだからと言って極端にやればいいわけじゃない。もちろん振り切った演技を求められるんですけど、そのさじ加減を間違えちゃいけないなというのは(熊坂出)監督ともよく相談していました。

――モノローグもとても面白かったです。

眞島:今回はモノローグがとても多くて。僕しかいない場面でモノローグが入るときは、現場で代わりにスタッフさんが僕のモノローグの部分を読んでくれるので、それを聞きながら間尺の調整をしていました。

――観ている分には面白いですが、演じている方は大変そうですね(笑)。

眞島:イメージできればやりやすくなってくるんですけど、撮影に入って最初のうちの何日かは出来上がりがどういう感じになっているのかわからなかったので、そこは難しかったですね。でも、モノローグが多かったおかげで、コメディ要素は表現しやすかった気がします。たとえばモノローグで遊びの部分を出せるところなら、生身のお芝居は真逆でどんどんシリアスにしてみたり。そのギャップで面白さが出せればということは意識していましたね。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる