小川紗良、神尾楓珠らが映画研究会として奮闘 『ビューティフルドリーマー』予告編公開

小川紗良、神尾楓珠らが映画研究会として奮闘 『ビューティフルドリーマー』予告編公開

 11月6日に公開される映画『ビューティフルドリーマー』の予告編と新場面写真が公開された。

 本作は、本広克行が監督を務める「映画研究会」を舞台にした青春ドラマ。映画を撮ったことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが、“いわくつきの台本”の映画化に挑んでいく。本作は新たな試みとして、完全な脚本を用いず、おおよその筋だけを立て、現場で俳優や監督が口頭の打ち合わせで芝居をまとめる“口立て”を用いた手法で演出がされている。また、押井監督が手がけた『夢見る人』を原案としている。

 監督としてメンバーをリードする主人公・サラ役で主演を務めるのは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』などの女優業のほか、監督としても活躍する小川紗良。カメラ担当でサラを支えるカミオ役で『HiGH&LOW THE WORST』『私がモテてどうすんだ』の神尾楓珠、助監督兼雑用係として奮闘する映研のムードメイカー、モリタ役で劇団ナイロン100℃所属で『カツベン!』などの森田甘路、プロデューサーのリコ役で『あさひなぐ』『ドロステのはてに僕ら』の藤谷理子、メイク担当のシエリ役で札幌の劇団イレブンナイン出身のヒロシエリ、録音担当のウチダ役で本作が映画デビュー作となる劇団スポーツの主宰の内田倭史が出演。そのほか、斎藤工、秋元才加、瀧川英次、升毅、伊織もえ、かざり、飯島寛騎、福田愛依らがキャストに名を連ねた。

本広克行監督最新作『ビューティフルドリーマー』予告編

 公開された予告編は、主人公・サラが一冊のノートを見つけ、「私たちでやってみない?」と映画製作を提案するところから始まる。出演者を決めるオーディションや、撮影に奮闘する映画研究会の部員たちの姿、彼等が撮影した『夢みる人』のワンシーンなどが映し出されている。

 あわせて公開された新場面写真では、劇中劇の主役とヒロイン、カーチャ(福田愛依)&アタリベツ(池田純矢)のツーショットや、61式戦車撮影シーンなどが切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

コメント

小川紗良

部室で見つけたいわくつきの台本を、映画として完成させようとする映画研究会。
そんな私たちの物語そのものがいわくつきとも思えるような、ハラハラする予告編ができました。見る人によって、純粋に愉快な青春映画に見えたり、ドキュメンタリー性の高い生々しい映画に見えたり、はたまたとんでもない挑戦を試みている映画に見えたり、様々だと思います。
果たしてこの映画はいい夢を見れるのでしょうか。2020年秋、波乱の幕開けです。

瀧川英次

2019年の春あたりの出来事です。〝本広監督が俳優による自由な即興演技で映画を作るらしい”という噂を聞きました。また無茶なことを…と思っていたら僕にオファーが来ました。本当に台本はありませんでした。そのまま特に何も準備することなく現場に行き、シーンの設定だけ伝えられた状態で撮影が始まりました。まるでキツネにつままれたような感覚のまま撮影が終了。「これは一体、どんな映画になるんだろう…」と不安しかありませんでした。
現場にいた全員がそう思ったはずです。そして、そんな映画が無事に完成したようです。
1年前とは思えない、自由な空気に満ちている映画に仕上がっていました。
重苦しい日々を生きている僕らを救ってくれる映画だと思います。
ぜひ、劇場に足を運んでください。お待ちしております。

■公開情報
『ビューティフルドリーマー』
11月6日(金)テアトル新宿、シネマート新宿ほか全国公開
監督:本広克行
出演:小川紗良、藤谷理子、神尾楓珠、内田倭史、ヒロシエリ、森田甘路、斎藤工、秋元才加、瀧川英次、升毅ほか
監督:本広克行
原案:押井守『夢みる人』
脚本:守口悠介
配給:エイベックス・ピクチャーズ
(c)2020 映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会
公式サイト:https://beautifuldreamer-movie.jp/ 
公式Twitter:cinemalab_jp   
公式Instagram:cinemalab_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる