山崎育三郎の器用な演じ分け 『エール』『わたどう』で“気になるキャラ”を好演

山崎育三郎の器用な演じ分け 『エール』『わたどう』で“気になるキャラ”を好演

 9月14日から放送を再開した『エール』(NHK総合)も1週間が過ぎ、裕一(窪田正孝)と彼を取り巻く人々の物語が、再び動き出した実感が湧いてくる。第14週「弟子がやって来た!」では、五郎(岡部大)と梅(森七菜)の恋物語と共に、文筆や作曲を仕事にするための“才能”についての苦悩も描かれた。

 五郎と梅の微笑ましい恋物語の裏で、実は恋に敗れ、実はちゃっかり元サヤと復縁している男がいる。彼こそが、裕一、村野鉄男(中村蒼)と共に「福島三羽烏」として活躍することになる久志(山崎育三郎)だ。容姿端麗で歌唱力もピカイチの久志は、音が通っていた東京帝国音楽学校の先輩だった頃からプリンスとあだ名が付くほどのモテ男。彼がウィンクをすれば恋に落ちない女性はいなかった。しかし今回、そんな久志をてこずらせた相手が梅だった。もともと文学にしか興味のなかった梅は男性自体に関心がなく、久志と恋に落ちるなんてもってのほか。久志自ら「コロンブス期待の超大型新人スター歌手」と名乗り、サウンドエフェクト付きのウィンクを連発するも、素知らぬ顔で「目にゴミでも入りました?」と突き放されてしまう。久志はそんなつれない梅に、夢中になってしまうのであった。

『エール』(写真提供=NHK)

 しかし今回は今までのように女性たちからモテ続ける久志が描かれるわけではない。久志は、共に自らの才能と対峙し苦悩する五郎と梅が徐々に距離を縮めていくための、とんだ“噛ませ犬”だったのだ。最初こそ、キザで美しく、ミステリアスな印象の久志だったが、回を重ねるごとに彼のイメージも変わりつつあるようだ。

 ミステリアスと言えば、山崎育三郎は現在もう一つの出演作『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)の多喜川薫役で、主人公の1人である七桜(浜辺美波)に寄り添う優しい男ではあるものの、なにか掴みどころがなく正体が見えてこないキャラクターを演じている。この多喜川という男もいつの間にかスッと姿を消すことから、視聴者の間では「急に消える山崎育三郎」というキャラがすっかり定着した。

『私たちはどうかしている』(c)日本テレビ

 さらに、休止前に描かれた久志の過去では、裕福な家に生まれながらも幼少期に母親が家を出ていってしまい、彼なりの苦労を強いられていたことも判明した。今回は梅との恋路で五郎に完敗するという意外な一面も見せ、よりキャラクターに深みが増しただろう。わかりやすいほどにキザだが、全くと言っていいほど嫌味ではない久志。フラれても親身に梅の相談を聞き、第14週では五郎に花を持たせることとなったその後、久志は「船頭可愛いや」の歌手・藤丸(井上希美)と復縁したようだが、この切り替えの早ささえ憎めない。

 癖の強いキャラクターだが、誰からも愛される久志を作り上げたのは間違いなく山崎育三郎の功績だろう。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

■放送情報
『私たちはどうかしている』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:浜辺美波、横浜流星、高杉真宙、岸井ゆきの、和田聰宏、岡部たかし、前原滉、草野大成、山崎育三郎、須藤理彩、中村ゆり、鈴木伸之、佐野史郎、観月ありさ
原作:安藤なつみ『私たちはどうかしている』(講談社『BE・LOVE』連載)
脚本:衛藤凛
演出:小室直子、猪股隆一
音楽:出羽良彰
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:鈴間広枝、松山雅則(トータルメディアコミュニケーション)
制作協力:トータルメディアコミュニケーション
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:www.ntv.co.jp/watadou
公式Twitter:@watadou_ntv
公式Instagram:@watadou_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる