『半沢直樹』に上戸彩は欠かせない! 堺雅人と築き上げる、自然な夫婦関係の秘訣はどこにある?

『半沢直樹』に上戸彩は欠かせない! 堺雅人と築き上げる、自然な夫婦関係の秘訣はどこにある?

 今シリーズも高視聴率をマークしている、TBS日曜劇場『半沢直樹』ヒロインの上戸彩。実生活では2児の母となり、近年は出演作が少ない印象の上戸だが、その存在感はいまだ健在。熾烈な争いが続く『半沢直樹』において、ホッと一息つく間となる必要不可欠な存在となっている。

 上戸が演じる半沢直樹(堺雅人)の妻・半沢花は、明るく非常に夫思いで、思ったことをすぐに口にするタイプだが、その言葉が直樹の心の支えになり、問題解決のヒントに繋がることも。弁の立つ半沢が唯一かなわない相手であり、唯一直樹が心を休められる存在。視聴者にとっても緊張感のある展開の中で、花のシーンには心が癒される憩いの場ともなっているだろう。

 「花の性格は自分に凄く似ているなと思っています」(参照:上戸彩、堺雅人の妻役で『半沢直樹』続投へ 「とにかく私は全力で演じたい」)と言うように、花は、上戸がバラエティで見せる、明るく親しみやすい自然体のキャラクターが反映されている役柄と言える。2013年版当時は27歳。結婚した翌年とはいえ、まだ奥さん役の経験がなく自信のなかった上戸だったが、福澤克雄監督に「銀行員の奥さんらしく見える必要はない。今のままでいい」と言われ、花役へのチャレンジを決断したと語っている。直樹に対し悪いものは悪い、ムカつくときは一緒にムカつくなど、直樹の背中をバンバン叩いて後押しをする、若くして肝っ玉母さんのようなスタンスが心地よい。

 また、2013年版での魅力は、花の世界で直樹と一緒に戦っていたこと。銀行の奥様会で嫌味に耐えながらも情報を仕入れていたり、特に金融庁検査で自宅に疎開資料があると自宅に乗り込んできた役人に対し、「主人は銀行員という立場上何も言えないかもしれないけど私は一般市民だから言わせてもらうわよ。あなたたち役人の常識はね、霞ヶ関じゃ通用するかもしれないけど、世の中では通用しませんからね」と胸ぐらを掴んで声を荒げた。旦那の立場を理解し、時には直樹以上にはっきり意見を言う妻を好きにならずにいられないだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる