片岡愛之助の全力顔芸に宮野真守も顔面筋で競演 『半沢直樹』カオスな状況に

片岡愛之助の全力顔芸に宮野真守も顔面筋で競演 『半沢直樹』カオスな状況に

 常に敵に囲まれている半沢(堺雅人)だが、これほどカオスな状況に置かれたことはなかったのではないか? 『半沢直樹』(TBS系)第6話では、帝国航空の再建を託された半沢に、社の内外から烈風が吹きつけた。

 最初に牙を剥いたのは、国土交通大臣直属の諮問機関であるタスクフォース。リーダーである弁護士の乃原(筒井道隆)は、白井(江口のりこ)の虎の威を借りて、東京中央銀行に500億の債権放棄を要求。これに対して、半沢はタスクフォースの法的根拠を問いただす。「大臣のご意向だと言うのなら、強権発動でもして債権放棄を命じればいいじゃありませんか?」乃原が論破されると、今度は白井が銀行に乗り込んで来る。

 次に立ちはだかったのは従業員と労働組合。半沢が示した再建案は7つの柱から成っており、実現には人員削減が不可欠だ。その数は全社員の5分の1にものぼる。説明会では帝国航空財務部長の山久(石黒賢)に社員から怒号が浴びせられる。削減は退職者の再就職にかかっており、半沢は受入れ先の企業を探して開発投資銀行の担当者である谷川(西田尚美)の元へ。そこで思わぬ人物と再会を果たす。

 さらに、金融庁の黒崎(片岡愛之助)が半沢に襲い掛かる。今作では、第3話で電脳雑伎集団の財務ファイルを調べるため、東京セントラル証券に出現。今回の目的は与信判断。業績が悪化する帝国航空に貸し付けた融資が適正であったかをチェックする。半沢と同じく、黒崎も電脳の粉飾を見破ったことで出世コースに返り咲いていた。半沢を見つけて嬉しそうな黒崎と迷惑そうな半沢、汚いものでも見るように2人を睨む大和田(香川照之)という三者三様の反応がおもしろかった。

 『半沢直樹』シリーズの中で、黒崎は、他とは違う独特な重力で動いている人物だ。優秀な検査官である反面、その性格も災いしてか、半沢以上に毀誉褒貶が激しく、様々な部署を転々としている。半沢の前では、黒崎はどちらかと言うと倍返しされる側なのだが、大阪西支店や証券では半沢に重要なヒントを与える役割を担った。まさに因縁の相手と言えるが、前作から観ていると、大和田に次いで「この人がいないと始まらない」気がしてくるから不思議だ。

 その黒崎が半沢との再会シーンでは全力顔芸を披露したほか、宮野真守が黒崎の部下・古谷として後方から上司と顔面筋で競演するなど、面構えで言えば、今日の黒崎軍団は120点の出来栄えだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる