相次ぐホラー映画流行の波に乗るか 『事故物件 恐い間取り』はホラー初心者にもうってつけ

相次ぐホラー映画流行の波に乗るか 『事故物件 恐い間取り』はホラー初心者にもうってつけ

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、家の風呂の電気が点かなくなった島田が『事故物件 恐い間取り』をプッシュします。

『事故物件 恐い間取り』

 8月も終わりに差しかかった現在も、猛暑が続く今日この頃。そうなったらやっぱりホラー映画で納涼です。その意味で今週オススメしたいのは、『事故物件 恐い間取り』。

 Jホラーのパイオニアとも言える中田秀夫監督の最新作となる本作。近年の中田監督作といえば、『スマホを落としただけなのに』シリーズや秋元康が企画・原案を務めた『リモートで殺される』(日本テレビ系)など新たなデバイスを積極的に取り込んだホラー作品を次々と送り出しています。ホラーというジャンルに止まらないエンターテインメント性も意識した作りも特徴的だと言え、ある意味「ホラー映画の入り口」とも言える存在なのではないでしょうか。

 そんな中田監督が今回取り上げたのは、松原タニシによるノンフィクション小説。物語は、松原の実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメが先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まり、山野とその周囲の人物があらゆる恐怖に巻き込まれる……というのが本作の大まかなあらすじです。

 主演を務めるのは、亀梨和也。普段の華やかなテレビでの姿を忘れてしまうくらいの自然な、関西のお笑い芸人の演技に驚きます。インタビューでは、役作りとして関西出身の芸人の友達に手伝ってもらったり、中田監督と密にコミュニケーションをとったとのことで、そうした工夫が見事に結実しているのではないでしょうか(参照:亀梨和也が語る、“不安”との向き合い方 「周りの方を信じられるからこそ、色んなことに挑戦できる」)。

 近年、ホラー映画は流行の一途を辿っています。海外作品でも『ミッドサマー』や『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』がヒットを記録し、国内作品でも『犬鳴村』や前述の『スマホを落としただけなのに』、Netflix『呪怨:呪いの家』も大きな話題を呼びました。映画に限らずゲーム業界でもFPS視点のインディーズホラーゲームが海外を中心に流行しています。デバイスとも密接な繋がりがあるホラー。技術の進歩とともによりホラー映画の可能性も広がっていっているのかもしれません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「週末映画館でこれ観よう!」の最新記事

もっとみる