亀梨和也が発表した“閲覧注意”の写真とは!? 『事故物件』原作者・松原タニシも「記憶注意!」

亀梨和也が発表した“閲覧注意”の写真とは!? 『事故物件』原作者・松原タニシも「記憶注意!」

 映画『事故物件 恐い間取り』公開前夜祭舞台挨拶“事故物件NIGHT”イベントが8月27日に丸の内ピカデリー1にて行われ、主演の亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、中田秀夫監督、原作者の松原タニシが登壇した。

 “事故物件住みます芸人”として活躍する松原のベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』(二見書房刊)を映画化した本作。物語は、松原の実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメが先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まる。1軒目の部屋で撮影された映像の中には白いものが映っていたり、音声が乱れたり、番組からの期待も高まる中、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメ。やがて様々な怪奇現象に遭遇し、“事故物件住みます芸人”としてブレイクを果たすが……。

 真っ暗な会場の舞台に設置された“事故物件”の扉を開け、登場した登壇者。本作ならではのスペシャルな演出に、イベント開始から会場は熱気に包まれた。亀梨が「いつも映画の公開を控えると非常にワクワクするのですが、いよいよ明日お客様に観ていただけるということで、ここから映画が出航して、皆さんに渡っていくんだなと非常に楽しみです」と始めると、奈緒は「今日、明日、皆さんにやっと届くということで、パンドラの箱が開くような気持ちです。どういう風に劇場のお客様に恐怖が届くのか、どんなことが劇場で起こるのか、楽しみです」、瀬戸は「大変な状況の中、無事明日公開を迎えるということで嬉しく思います。僕が今まででいちばん怖いと思った『リング』の監督でもある中田さんが撮った“新感覚ホラー”を皆さんに楽しんでもらえることを嬉しく思います」と、それぞれ公開への喜びを語った。

 中田監督は「前夜祭、お祭りというのはおめでたいものだと思います。ところで我らがメンバーにもおめでたいメンバーがいます!」と振ると、先日、山本美月との結婚を発表した瀬戸に、サプライズで花束を贈呈した。

 松原は「初めてこういうところに立たせていただいていて、映画の公開に至るまで、たくさんの取材を受けさせていただき、確実に変なことが起きています。テレビだと画面がおかしくなったり、ラジオだとノイズが入ったりしているので、今日も何か起こると思います(笑)」と本作がもたらす恐怖を明かした。

 今回、事故物件に住むことを“無茶ぶり”される主人公・ヤマメにちなみ、過去に“無茶ぶり”されてゾッとしたエピソードを発表することに。亀梨は「ジャニーさんとのエピソードなんですが、とある生放送の歌番組に後輩が出演することになっていたんですが、電話がかかってきて『YOU何してんの? YOU来ちゃってよ!』と言われて、現場に向かったんですね。そうしたら、『出ちゃって!』と歌詞カードを渡され、その番組に出ちゃいました(笑)。生放送の歌番組に歌詞カードを持って出るという、ジャニーさんの無茶振りでした。」と、驚きのエピソードを披露。

 続けて、奈緒も「作品ご一緒させていただいた先輩がおっしゃっていたことなんですが、死体のまま埋められるシーンで、顔に土をかけられるんですが、目を開けたままにしててくださいって言われたらしく、役者の道って茨の道だなとゾッとしました(笑)」と役者の苦労を披露した。

 瀬戸は「10代の頃、あるバラエティ番組に出させていただいて、何かのゲームをやって僕が負けたんですね。知らされてなくて、罰ゲームの品がいくらの軍艦巻きのいくらの部分が蜂の幼虫だったんです……。でも食べると美味しかったです。(笑)」とエピソードを披露した。

 最後には松原が「心霊スポットにロケに行ったときに、何かの焼き跡があって、そこが何かで閉じられてたんですね。突き飛ばされて、少し触ってしまった瞬間に山中の木がバキバキバキと割れて、突風も吹き抜けたんですよ」というエピソードで会場を凍らせると、続けて「それよりも亀梨さんとグラビア撮影したときに、亀梨さんと同じポーズ撮ってくださいって言われたのがいちばんキツかったですね(笑)」とオチをつけ、会場を盛り上げた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる