白石聖の顔や体に新聞の文字がまとわりつく 中田秀夫監督とタッグ『恐怖新聞』ポスター公開

白石聖の顔や体に新聞の文字がまとわりつく 中田秀夫監督とタッグ『恐怖新聞』ポスター公開

 8月29日から東海テレビ・フジテレビ系にて放送がスタートする『恐怖新聞』のポスタービジュアルが公開された。

 東海テレビの「オトナの土ドラ」シリーズ第29弾となる本作は、70年代にオカルトブームを巻き起こしたつのだじろうの同名コミックを、 『リング』『仄暗い水の底から』などジャパニーズホラーのレジェンド・中田秀夫が現代にリブートした、「オトナの土ドラ」初のホラー。未来に起こる災厄を予言し、読むたびに寿命が100日縮むという恐怖新聞が届くようになった女子大生の、死と隣り合わせの悪夢を描く。ヒロイン・詩弦役で白石聖が主演を務めるほか、その恋人・勇介を佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)が演じ、演出を務める中田監督と4度目のタッグとなる黒木瞳が詩弦の母・歌子役を務める。

 公開されたポスタービジュアルでは、「読んだら、死ぬ。」のキャッチコピーとともに、白石の顔や体に御経のようにまとわりつく新聞の文字が。その脇に、目を見開いて驚く佐藤と、もの悲しげな黒木の顔が配された。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
オトナの土ドラ『恐怖新聞』
東海テレビ・フジテレビ系にて、8月29日(土)スタート 毎週土曜23:40〜放送
出演 :白石聖、佐藤大樹、駿河太郎、横田栄司、片山友希、坂口涼太郎、猪野学、黒木瞳
企画:市野直親(東海テレビ)
原作:つのだじろう『恐怖新聞』
シリーズ構成:乙一
脚本:高山直也
音楽:兼松衆
プロデューサー:後藤勝利(東海テレビ)、小松貴子、齋藤寛之、竹内絵唱(松竹株式会社)
協力プロデューサー:松本圭右(東海テレビ)
演出:中田秀夫、服部大二、井上昌典
制作:東海テレビ放送、松竹株式会社
(c)東海テレビ
公式Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra
公式Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる