渡辺大知×奈緒×玉田真也が語り合う『僕の好きな女の子』「“特別な時間”を感じてもらえたら」

渡辺大知×奈緒×玉田真也が語り合う『僕の好きな女の子』「“特別な時間”を感じてもらえたら」

 又吉直樹の恋愛エッセイを原作とした映画『僕の好きな女の子』が公開中だ。「今突然、『好きだ』と伝えたら、キミは何て言うだろう」というキャッチコピーが象徴的なように、本作は友達の関係から一歩を踏み出せない主人公・加藤の視点の恋物語が綴られていく。

 加藤を演じたのは、映画『勝手にふるえてろ』、ドラマ『恋のツキ』(テレビ東京系)など、これまでも恋に翻弄される青年を巧みに演じてきた渡辺大知。加藤が恋心を抱く女性・美帆を、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の菜生役から出演作を重ね続けている奈緒が演じる。監督・脚本は、劇作家として演劇ユニット「玉田企画」を立ち上げ、近年ではNHKよるドラ『伝説のお母さん』の脚本も手がけた玉田真也が務めている。

 ある人にとっては身悶えてしまう、ある人にとってはどこか懐かしく感じる、これまでにない恋愛映画をどう作り上げていったのか。渡辺、奈緒、玉田監督の3人に話を聞いた。【インタビューの最後に渡辺大知×奈緒のサイン入りチェキプレゼントあり】

渡辺大知×奈緒でなければ『僕の好きな女の子』は成立しなかった? 玉田真也監督を交えて特別インタビュー

奈緒「玉田さんのマジックがかかっている」

ーーとにかく奈緒さんが演じた美帆が冒頭シーンから可愛すぎました。どうすればこんなに魅力的なキャラクターを作ることができたのか、最初にお聞きしたいです。

玉田真也(以下、玉田):ヒロインの美帆が可愛くなければこの映画は成立しませんでしたが、実体験では美帆のような女性と出会ったことがなくて、又吉さんの原作で描かれている女性が最初はイメージできなかったんです。でも、周りのスタッフさんたちには「めっちゃ分かる」という方が多かった。みんなの意見を参考にして脚本を書き上げたのですが、奈緒さんに初めて会ったらこれ以上ないぐらいに美帆にぴったりの方だったんです。なので、演出として細かい要求はほとんどしていなくて、撮影の最初から本当に自然にこなしてくれました。

渡辺大知(以下、渡辺):現場に入る前に奈緒さんとは何度か本読みをしていたんですが、そのときから演技がめちゃめちゃ上手くて。カットを割っていくというよりも、加藤と美帆の会話を長回しで撮っていくシーンが多かったので、お互いの空気感を共有することを最初は大事にしていました。撮影前から奈緒さんには信頼を寄せていたのですが、いざ現場に入って奈緒さんを見ると、完全に美帆なんです。可愛いいし、親しみやすいし、思わずツッコミたくなる隙もあるし。「すげーやつ来た!」と思いました(笑)。

奈緒:いやいや……(笑)。

ーーともすれば、「あざとい、思わせぶり」という悪い印象を観客に抱かせてもおかしくないと思うのですが、ひたすら美帆が可愛く見えるのがすごかったです。このあたりの塩梅はどうやって?

玉田:最初の稽古期間に演技の調整をするんですが、その時点で奈緒さんの演技はほとんど問題なかったんです。素の温度に近い状態で演じてくれているので、“あざとさ”みたいなものは一切なくて。美帆と加藤はダラダラした会話のシーンが多いんですが、本当にダラダラしていたら観客は余計なところに目がいってしまう。なので、テンポをいかによくできるか、観客がその会話をいかに楽しめるかということだけ考えてやっていました。

奈緒:私自身が脚本を読んだときに、美帆のことを“あざとい”とは思わなかったんです。美帆と加藤のことを、「この距離感でなんで付き合っていないの?」と思う方はいると思うんですが、ここに至るまでの2人の関係を滲み出せれば、観客の皆さんにも受け入れてもらえるのかなと。玉田監督も含めて現場のみんなが誰も美帆のことを「あざとい、思わせぶり」という言葉を使うことなく、作品を作ってくれたのが大きいと思います。

ーー美帆の行動ひとつひとつがたまらなかったです(笑)。

奈緒:ありがとうございます(笑)。今回の映画は加藤さんの目線で描かれている物語なので、その理想が反映されている存在になっています。なので、どこか現実離れした要素もありつつ、「こんな子いるよな」と思っていただける存在になれればと思いました。女の子って、自然に生きているだけで思わせぶりな部分はどうしてもあると思うので、そのニュアンスが出ればなと。

ーーあまりにも加藤の理想が反映されているので、最初は妄想の存在かと思ったぐらいでした。

玉田:そこが映画化する上でも考えなくてはいけないところでした。又吉さんの原作は、取材の中で「どんな女の子が好きですか」と聞かれて、考えていくうちにそれが実体化するという完全に妄想の話なんです。だから奈緒さんが話していたように、美帆は加藤の理想的存在になっているんですよね。でも、妄想過ぎてしまっても、映画としてはふわふわしすぎて物語にならない。なので、ポイントポイントで加藤と美帆を見つめる第3者の視点を入れるように意識していました。

ーー玉田監督の演出を2人はどのように感じましたか?

渡辺:加藤と美帆、2人でいるときの空気感をじっくりと作っていただきました。おかげで独りよがりにならずに、奈緒さんの“声”を大事にしながら2人のシーンを作っていけたように思います。

奈緒:玉田さんの中で加藤と美帆の2人の世界観の絶対値があり、リハーサルの段階から一緒に作っていただけたので、現場で迷うことがありませんでした。最初の段階で“道の幅”を決めていただき、その幅の間で大知さんと“遊ぶ”ことができたのかなと。完成された映像を観ても、2人のシーンは計算されていない、玉田さんのマジックがかかっているなと思いました。

玉田:本当にこの2人に演じてもらえてよかったです。大知くんは、自身も監督も務めているので、ものづくりしている人特有の神経質さ、面倒くささとおおらかさが共存しているんです。それが加藤という役に見事にハマっていた。奈緒さんはとにかく上手かった。大知くんも言っていましたが、初見で感覚を掴むのがすごく早い。多分、普段から友達になった男の子が実際に奈緒さんのことを好きになるんじゃないかと会ったときから感じるものがあって。その意味でも役にぴったりでした。

(以下、結末に触れます)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる