『賢い医師生活』世界的人気の理由を探る 『応答せよ』シリーズから『はちどり』との関連まで

『賢い医師生活』世界的人気の理由を探る 『応答せよ』シリーズから『はちどり』との関連まで

 シーズン1の放送が終了してから2ヶ月。韓国及び世界各国での『賢い医師生活』人気は衰えることなく、韓国、台湾、ベトナムでは現在も10位以内に入っている(※非公式ストリーミングサービス集計サイトFlixPatrol調べ)。『賢い医師生活』は、1999年にソウル大学医学部に入学した5人の男女が40歳になって初めて同じ病院で働くことになり、在学時に組んでいたバンド活動を再開する物語。CJエンターテイメント系のケーブルチャンネルtvNで放送、Netflixで世界配信されている。米映画データサイトIMDbによると、2019年・2020年に制作された韓国ドラマの満足度1位を記録している。同じ製作陣による『応答せよ1997』(2012年)、『応答せよ1994』(2013年)、『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015年)『刑務所のルールブック』(2017年)も各種配信サービスなどで観ることができる。

バラエティで鍛えた仕掛けと、記憶を蘇らせる音楽

 ロサンゼルス在住で、過去に韓国の映画雑誌Cine21のロサンゼルス特派員、韓国映画振興委員会(KOFIC)のロサンゼルスオフィス代表を務め、『バーニング 劇場版』(2018年、イ・チャンドン監督)のアソシエイト・プロデューサーを務めたファン・スージン氏はこう分析する。「監督のシン・ウォンホと脚本家のイ・ウジョンは『応答せよ』シリーズで韓国では不動の人気を誇るゴールデンコンビ。“この世には善い人間しかないはず”を信念にドラマを作っていて、『応答』シリーズ3部作と『刑務所のルールブック』の4作品を連続でヒットさせている。プロデューサーで監督のウォンホ氏はもともとバラエティ出身で、世間ではエンターテインメント系プロデューサーとして知られていたこともあり、『応答せよ1997』でドラマに進出したときは驚きだった」。

『応答せよ1997』(tvN公式サイトより)

 『応答せよ』シリーズが韓国で放送されていた際、最初のエピソードでヒロインの現在の夫の存在がほのめかされ、時代を遡って“旦那探し”するストーリー構成に視聴者は夢中になったという。初見は旦那探しをしながら観て、2周目からは謎解きの答え合せをしながら観る。ちょっとゲーム感覚な仕掛けは、まさにバラエティで鍛えた仕組みだ。

「謎解きだけじゃなく、当時のヒット曲と物語を掛け合わせ、登場人物がその時感じた心情を視聴者の記憶の中から呼び起こす仕掛けが新しかった。描いているテーマも恋愛だけじゃなく、家族や友情、社会情勢など誰にでも共感ポイントがあって、選曲とドラマで描こうとしている感情と仕掛けがぴったりあったことがヒットの理由。『賢い医師生活』も英題が『Hospital Playlist』というだけあって、音楽が演じる役割が大きい」

 主人公の医師たちが大学に入学した頃、2000年前後の曲を使っており、巧みな選曲に唸ったという。特に、第8話で使われているソ・ジウォンの「僕の涙を集めて(With My Tears)」は、当時の記憶がある世代にはたまらないそうだ。

Finding comfort in friendship and in song | Hospital Playlist Ep 8 【日本語字幕 CC】

「ジウォンは若くて才能のあるアーティストだったのに、96年に自死している。その時の衝撃と楽曲の美しさから、当時の空気がフラッシュバックしてきた。歌っているイクジュン役のチョ・ジョンソクは本当に才能に溢れた俳優で、歌にも情感が込められている。また、第6話の「In Front of City Hall at the Subway Station(市役所前地下鉄駅で)」は、動物園(Zoo)というフォークバンドの曲。昔の恋人に偶然会って、「子供が2人いるのよ」と伝えられたときに「僕はまだ世界のどこかにいる、愛する誰かを探しているのかもしれない」と返す曲。歌詞から浮かぶノスタルジーと、失われてしまった世界観に、多くの視聴者が涙したと思う」。

Jamming out to Zoo with your BFFs | Hospital Playlist Ep 6 【日本語字幕 CC】

 第9話の「偶然出会った君(Met You By A Chance)」も印象的な楽曲。スージン氏によると、1982年に発表されたこの楽曲は、バンドを組んだ学生がコピーしたがる曲の筆頭に挙げられるそうだ。『応答せよ1988』でも使われているSong Gol Maeの原曲とチョ・ジョンソクの歌声がそっくりなことも驚きだったが、繰り返しこの曲のシーンを脚本に書いた脚本家のウジョン氏には相当な思い入れがある曲なのだろうと想像される。

BFF band finally gets an audience | Hospital Playlist Ep 9 【日本語字幕 CC】

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる