Netflix韓国で連日1位の『賢い医師生活』 異例づくしの人気ドラマが行った“新しい試み”とは?

Netflix韓国で連日1位の『賢い医師生活』 異例づくしの人気ドラマが行った“新しい試み”とは?

 今、日本では何度目かの韓国ドラマブームが訪れているが、韓国の映像業界も劇的な変化の時を迎えている。その最先端を走っていたのが、6月からNetflixで全12話が配信中の『賢い医師生活』だ。99年に医大に入学し医師生活10年目を迎えた現在40歳の男女5人の仲間の物語で、韓国では3月12日から5月29日まで有料チャンネルtvNで放送、その日のうちにNetflixでも配信された。放送開始から絶大な支持を得て、最高視聴率は14%でケーブルテレビ放送作品の歴代9位を記録している。Netflixが2月から公表しているランキングでも常に上位をキープし、映像作品ランキング集計サイト「Flix Patrol」によると、同サイトでの集計が始まった4月5日から6月中旬まで韓国のNetflixで1位を明け渡したのはわずか20日あまりで、世界ランキングの累計でもテレビシリーズの25位につけている(参考:https://flixpatrol.com/top10/netflix/south-korea/2020 ※Netflixの公式発表ではなくサイト独自の集計のため、あくまでも参考値)。

 特に台湾、シンガポールといった東南アジアでの人気が高く、日本でもランキング入りしていた。ちなみにこのサイトを見ると、『愛の不時着』と『梨泰院クラス』は日本での人気が飛び抜けて高いことがわかる。

 全12話からなる『賢い医師生活』は、韓国ドラマファンの間では有名な人気作品『応答せよ1997』(2012年)、『応答せよ1994』(2013年)、『応答せよ1988』(2015年)の3部作と『刑務所のルールブック』(2017年)を制作した脚本家のイ・ウジョンとプロデューサー/演出のシン・ウォンホのコンビによる最新作。もともとはバラエティ出身だが、『応答せよ』シリーズでその時代の流行や風俗を取り入れながら笑いと人情味あふれる群像劇を描くスタイルが評価され人気映像作家となった。2017年の『刑務所のルールブック』(Netflixで独占配信中)では、過剰防衛で有罪となった野球選手が塀の中で知り合う個性的な人々とのふれあいを描いている。 

 『賢い医師生活』には、韓国の映像業界に挑戦するいくつもの新しい試みがあった。日本や米国のドラマは当然のように1週間に1話の放送だが、実は韓国ドラマは週2話放送。月火、水木、週末というように連続した2日間に渡って放送される。その理由には諸説あるが、週に2夜連続で放送することにより、視聴者の興味を惹きつけ続けるためらしい。制作現場ではスタッフの疲弊と高騰する制作費が長年の課題となっていた。そこでシン・ウォンホ氏は現在の放送体制に疑問を呈し、今作は週1回木曜日のみ放送の契約を取り付けた。その上、1クール完結ではなく、好評を得れば次のシーズンも継続する「シーズン制」を取り入れ、主演の5人の俳優とは複数シーズンの契約を結んだ。この試みは韓国内でも賛否があり、視聴習慣に抗うことを不安視する声が多かったという。シン氏は放送終了後のインタビューで、「新しい放送スケジュールに合わせ、物語構成も(全話を貫く)大きなプロットラインではなく、小さな物語の積み重ねとした。このドラマは私たちにとっても大きな挑戦で、(新しいエピソードを)1週間待ってくれた視聴者に感謝しています」と述べている。

 韓国では、ポン・ジュノ監督が『パラサイト 半地下の家族』(2019年)制作時に、法定労働時間である40時間に超過労働時間上限の12時間を加えた「週52時間労働」と最低賃金の引き上げを映像業界にも取り入れた。この規定を遵守すると、徹夜続きで週2話分のドラマを撮影することは不可能になる。そのためにも週1話体制に変えること、キャスト・スタッフと長期契約を結び放送開始前にある程度は撮り終えていることが好ましい。脚本家のイ氏と演出家のシン氏は『賢い医師生活』を4年前から準備し、医療関係者への徹底的な取材のもと脚本を作り上げたという。

 キャスティングの面でも大きな挑戦がある。『賢い医師生活』は、肝胆膵外科医イクジュン(チョ・ジョンソク)、小児外科医ジョンウォン(ユ・ヨンソク)、胸部外科医ジュンワン(チョン・ギョンホ)、産婦人科医ソクヒョン(キム・デミョン)、脳神経外科医ソンファ(チョン・ミド)の医大時代からの友人5人が揃って同じ病院で働くことになったところから始まる。チョン・ギョンホ以外の4人はミュージカル出身で、紅一点のチョン・ミドは映像作品2作目で主役に抜擢された。5人は学生時代バンドを組んでいた設定で、卒業以来再度バンド活動を始めるストーリーのため、撮影開始の半年前から楽器の練習を始め、まずはバンドを組むことで5人の関係性を作っていった。全員が楽器の特訓を継続中で、放送終了後の6月4日にはファン感謝企画でオンライン・ライブも行っている。

[sub]🧑‍⚕️LIVE 풀버전 | 99즈의 ‘미도와 파라솔’ 밴드라이브 풀버전! | 슬기로운 의사생활

 ドラマ内で毎週バンドが練習する楽曲として90年代のヒット曲をカバーし、イクジュン役のチョ・ジョンソクが歌った「Aloha」は韓国音楽チャートの1位を記録、YouTubeの再生回数は1100万回に届く勢いだ。

[슬기로운 의사생활 OST Part 3] 조정석 (CHO JUNG SEOK) – 아로하 (Aloha) MV

 彼らのバンド名「ミドとパラソル」の楽曲もヒットチャートを駆け上がった。すでにムーブメントというより一つのジャンルとして定着したシティ・ポップやニュートロの流れをくむ楽曲はドラマの内容ともシンクロし、サントラもヒットしている。キャストたちはドラマ撮影の上にバンドの練習もし、毎週1曲新曲を披露するという偉業をやってのけた。バンド演奏部分は半ばドキュメンタリーの要素もあり、ドラマ内での人間関係がそのエピソードのテーマ曲となって5人の間に確かな友情が存在していることが視聴者にも伝わってきた。バンド結成と楽曲のシンクロは、「1週間1話」の新しいスタイルを定着させる大きな助けとなった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ