『JOKE』はコロナ禍と向き合った新しいドラマに? 宮藤官九郎×生田斗真×水田伸生への期待

 8月10日22時からNHKにて放送される『JOKE~2022パニック配信!』(以下、『JOKE』)は、脚本を宮藤官九郎が手掛け、生田斗真が主演を務める単発ドラマだ。

 物語の舞台はポストコロナの近未来。漫才コンビ「俺んち」のボケ担当・沢井竜一(生田斗真)は不祥事を起こしてテレビのレギュラー番組をすべて降板。相方とも絶縁し、自宅に引きこもっていた。起死回生のために沢井はAIロボットを相方にネット配信で大喜利番組「俺んちチャンネル」をスタートするが、生配信中にかかってきた電話で状況が一変し、劇場型犯罪に巻き込まれてしまう。というのが、現時点でわかっているあらすじ。

 ドラマは、芸人が配信するネット番組でのやりとりが45分間ノンストップで配信され、影像のほとんどは、生田の一人芝居になるという。柄本時生や松本まりかといった他のキャストも発表されているのだが、どのような形で登場するのかも注目である。

 宮藤官九郎は、自身がパーソナリティを務めるTBSラジオ『ACTION』の中で、この企画は元々、去年の秋頃に考えたものだったが、実際に次々と芸人が不祥事を起こし、あまりにもタイムリーだったため、ちょっと置いておこうと、保留になっていたアイデアだったと語っている。不祥事は別にしても、確かに去年は、お笑い芸人やタレントが、YouTubeで自分の番組を立ち上げることが急増した年だった。ドラマの中にYouTuberが登場する作品も急増し、番組配信が一気に市民権を得た時期で、確かに企画としては一度、時代に追い抜かれてしまったものに感じる。

 そんな経緯もあって企画を練り直して「いずれ映画にしよう」と宮藤は考えていたという。しかし、違う映画の台本を書いていた時に、現代を舞台にした作品で「三密」を意識すると書くことが難しいシーンが多く「やりづらいな」と思っていた時、この『JOKE』のことを思い出し「今ならできる」と思い6月後半に企画を改めて提案。そして、許可を待つ間に脚本を仕上げてしまったという。

 本作の製作統括は訓覇圭。宮藤とは、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)と大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(同、以下『いだてん』)を共に手掛けており、最近は坂元裕二脚本の、『リモートドラマ Living』を製作している。前述のラジオで宮藤は、今回の『JOKE』は、コロナ禍にNHKが作ってきたリモートドラマのノウハウが生かされているのではないかと語っている。

 その意味で、物語もさることながら、一人の登場人物がずっと画面に登場して喋るという舞台テイストの映像にも注目で、リモートドラマとは違った形で、コロナ禍と向き合った新しいドラマになるのではないかと思われる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる