上白石萌音とウエンツ瑛士がデュエット! 『トロールズ ミュージック★パワー』日本版予告編

上白石萌音とウエンツ瑛士がデュエット! 『トロールズ ミュージック★パワー』日本版予告編

 10月2日公開のドリームワークス最新作『トロールズ ミュージック★パワー』より、日本版予告編が公開された。

 『シュレック』や『ボス・ベイビー』などのドリームワークス・アニメーションが手がける本作は、歌って踊るトロールたちの繰り広げる大冒険が、彼らの心情と状況を捉えた音楽を織り交ぜながら描かれる『トロールズ』シリーズの最新作。

 主人公・ポピーたちに届いたロック族のクィーン・バーブからの一通の手紙から明らかになったのは、トロールたちの封印されていた秘密だった。なんとトロールの世界はポピーたちの暮らすポップ村だけでなく音楽のジャンルごとに村が存在し、かつてはひとつの王国として繁栄していたというのだ。「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールたちがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピー。しかし、クィーン・バーブの本当の目的は、全ての村の乗っ取りだった。全トロールを救うためポピーと仲間たちは未知なる世界へと旅立つ。

映画『トロールズ ミュージック★パワー』日本版予告編

 公開された予告編では、ポップ族の女王でいつも元気でポジティブなピンクヘアーのポピーを演じる上白石萌音が、明るく伸びやかな歌声を披露。ポピーの幼なじみで、内気で生真面目、時にポピーの暴走を諌めるブランチを演じるウエンツ瑛士がシンディ・ローパーの名曲「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」を上白石と一緒にデュエットする。そして、2人の前に立ちはだかる本作のダークヒロイン、ロック村のバーブ女王を仲里依紗がドスの利いた声で迫力満点に演じている。また、本作のストーリーテラー的な役割もあるクラウド・ガイとして、予告編の冒頭のナレーションをミキの弟・亜生が担当。兄・昴生が演じるトロールツァルトも大勢のクラシック・トロールたちを前に指揮棒を振る。

 斉藤壮馬演じるガイ・ダイヤモンドとその息子のタイニー・ダイヤモンド役として木村昴、クーパー役の宮野真守、テクノ・トロールのキング・トロレックス役の関智一、カントリー・トロールのデルタ・ドーン役の松本梨香など、他キャラクターたちの活躍も収められている。

■公開情報
『トロールズ ミュージック★パワー』
10月2日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ウォルト・ドーン
出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク
吹き替えキャスト:上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗、宮野真守、松本梨香、吉野裕行、平田広明、木村昴、斉藤壮馬、浪川大輔、ミキ・昴生、関智一、ミキ・‎亜生、速水奨 ほか
配給:東宝東和、ギャガ
(c)A UNIVERSAL PICTURE (c)2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://trolls.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる