篠原涼子、小泉孝太郎、大泉洋ら“初代メンバー”で記念撮影も 『ハケンの品格』クランクアップ

篠原涼子、小泉孝太郎、大泉洋ら“初代メンバー”で記念撮影も 『ハケンの品格』クランクアップ

 8月5日に最終回の放送を迎える篠原涼子主演ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)がクランクアップを迎えた。

 本作は、篠原が揺れる会社(S&F)に派遣される一匹狼の最強ハケン社員・大前春子を演じ、話題を呼んだ前作から13年ぶりの続編。令和の時代を舞台に、スーパーハケン大前春子の働き方を再び描き、新しい時代の働く者の品格を問う。前作に続き小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔、大泉洋らが出演している。

 ラストとなったクランクアップの日は、梅雨明けの晴天、強い日差しの中、篠原演じる春子が着物姿で登場。ラストシーンの撮影を終え、最後はキャスト全員笑顔でクランクアップを迎えた。クランクイン、中断期間を経て、約7カ月かけてのオールアップとなった本作。それぞれが、苦難を乗り越えたスタッフ・出演者ら仲間を労い、別れを惜しむ挨拶の後、最後は篠原、小泉、大泉、勝地、上地の“初代メンバー”で記念撮影をした。

 篠原はクランクアップを迎えて「コロナの影響で撮影の一時中断などがありましたが、約半年家族やスタッフ、キャスト、そして視聴者の皆さまに支えられてクランクアップを迎えることが出来ました。本当にありがとうございました。最終回にふさわしい内容になっておりますので、是非ご覧頂けたらと思います」とコメントを寄せている。

■放送情報
『ハケンの品格』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、上地雄輔、塚地武雅(ドランクドラゴン)、大泉洋(特別出演)、伊東四朗
脚本:中園ミホほか
演出:佐藤東弥、丸谷俊平
プロデューサー:櫨山裕子、山口雅俊、秋元孝之
チーフプロデューサー:西憲彦
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる