吉谷彩子がお仕事ドラマで引っ張りだこ!? 『陸王』から『ハケンの品格』までの飛躍

吉谷彩子がお仕事ドラマで引っ張りだこ!? 『陸王』から『ハケンの品格』までの飛躍

 篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)で、大前春子(篠原涼子)らとともに、S&Fの派遣社員として働く福岡亜紀を演じる吉谷彩子。先日放送が終了した『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系)でも、第4話からの出演ながらも、重要な役回りを担った。お仕事ドラマを中心に、様々なドラマで見かけるようになり、認識し始めた方も増えてきているのではないだろうか。

 吉谷が注目され始めたのは、転職サイト「ビズリーチ」のCMである。初めてCMが放送されたのが2016年2月ではあるが、未だにCMに出続けている。女性社員役として出た同CMが、彼女のお仕事ドラマのイメージの始まりだったのかもしれない。

 CMで話題を呼んだ彼女が、女優として多くの人に認識されるようになるきっかけとなった作品は、『陸王』(TBS系)での仲下美咲役だろう。役所広司演じる宮沢紘一が代表を務めるこはぜ屋で働く最年少の従業員であり、先輩からも可愛がられる素直で愛嬌がある役柄を見事に演じ切った。そして、最終的には社長の息子である大地(山崎賢人)を密かに想い、陰ながら支えるヒロイン的存在としても大活躍だった。

 その後、さらに彼女が女優として躍進することとなった作品が、『陸王』と同じく日曜劇場枠のドラマ『グランメゾン東京』(TBE系)での松井萌絵役である。『陸王』での純朴なキャラクターとは打って変わって、自分は世界一のパティシエであると絶対的な自信を持っている、少し生意気なキャラクターだ。『陸王』美咲役のような純朴なイメージとは真逆のような役だが、ふてくされたときの表情や軽いノリが見事に様になり、役に溶け込んでいた。

 数あるシーンの中で、より凄さを感じたのは、納得ができるデザートを作ることができないときに、思い悩んでいる姿だ。今までパティシエとして褒められてきた萌絵の初めての挫折。認められない中で、普段の自信満々で怖いもの知らずな姿とは違う、悔しそうに思い悩む姿を違和感なく表現し、そのギャップに心打たれる人も多かったであろう。名だたる俳優陣との共演ではあったが、負けず劣らずの作品をリードする存在感を見せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる