矢本悠馬&森永悠希の『ちはやふる』コンビが『ぐらんぶる』に出演 リア充を憎む大学生に

矢本悠馬&森永悠希の『ちはやふる』コンビが『ぐらんぶる』に出演 リア充を憎む大学生に

 8月7日に全国ロードショーされる竜星涼と犬飼貴丈のW主演映画『ぐらんぶる』に、矢本悠馬と森永悠希が出演することが発表された。

 本作は、講談社『good!アフタヌーン』にて2014年4月から連載中の、原作・井上堅二、漫画・吉岡公威のコンビによる累計発行部数550万部超えの同名漫画を実写化する青春コメディ。『ヒロイン失格』『映画 賭ケグルイ』の英勉がメガホンを取り、W主演の竜星と犬飼に加え、乃木坂46の与田祐希がヒロイン役で出演するほか、朝比奈彩、小倉優香、石川恋、高嶋政宏がキャストに名を連ねる。

 矢本と森永といえば、競技かるたに懸ける高校生を描いた映画『ちはやふる』シリーズで人気キャラクターを演じたコンビ。それぞれでも、矢本は『センセイ君主』『今日から俺は!!劇場版』に、森永は『あさひなぐ』『小さな恋のうた』と青春映画には欠かせないバイプレーヤーとして活躍している。演じるのは、竜星と犬飼が演じる主人公、伊織と耕平に接近し、千紗とお近づきになることを目論む大学生、山本真一郎と野島元。原作でも度々登場する世のリア充を憎む隠れた人気キャラで、矢本が山本を、そして森永が野島を演じる。

 あわせて公開された場面写真では、ブラジャーを被った矢本と何かを必死に訴えかける森永のカオスな状況が切り取られている。英監督から直接オファーを受けた矢本は、「原作ファンの自分は、たとえワンシーンの出演であろうと出たい!と思いました」と喜びを語っている。そして、監督から「一緒にやりたい役者を考えといて!」とキャスティングを託された矢本が迷わず選んだのが森永。そんな森永は「再び英作品に参加できることが嬉しかったです。蓋を開けてみればまたカオスだなぁ……と(笑)矢本君との久々の共演も嬉しかったです」とコメントしている。

コメント

矢本悠馬(山本真一郎役)

今回の出演は、英監督の別作の舞台挨拶の裏側で英監督と世間話をしている中で直接のオファーがありました。英監督は、「次撮る作品でやもっちゃんに出てほしいシーンがあんねん!」「やもっちゃんの一緒にやりたい役者を1人誰か考えといて!」と二言を残して去りました。蓋を開けてみたら、その作品は『ぐらんぶる』!! 原作ファンの自分は、たとえワンシーンの出演であろうと出たい!と思いました。そして配役を確認するとモテない男子ということで、あ! 森永悠希をキャスティングしよう!となりました(笑)。事務所の先輩なので、同じ現場は緊張しましたが、やはりいい俳優さんだなと思いました。

森永悠希(野島元役)

英監督とは、また是非お仕事ご一緒できたら……と思っていたので、今回再び英作品に参加できることが嬉しかったです。蓋を開けてみればまたカオスだなぁ……と(笑)。しかも聞けば英さんと矢本君が僕をご指名くださったと言うじゃないですか……! 光栄でございます。矢本君との久々の共演も嬉しかったです。やっぱり面白い。アイデアがキレッキレ(笑)矢本君ご指導の下、本当に伸び伸びとやらせて頂きました! なんとも言えないカオスが魅力の作品に、さらにカオスを加えることができていましたなら幸いでございます。是非とも皆様、笑ってやってください!(笑)

■公開情報
『ぐらんぶる』
8月7日(金)全国ロードショー
主演:竜星涼、犬飼貴丈、与田祐希、朝比奈彩、小倉優香、石川恋、高嶋政宏
原作:井上堅二・吉岡公威『ぐらんぶる』(講談社アフタヌーンKC刊)
監督:英勉
脚本:英勉、宇田学
主題歌:sumika「絶叫セレナーデ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
制作プロダクション:THEFOOL
配給:ワーナー・ブラザース映画
製作:映画「ぐらんぶる」製作委員会
(c)井上堅二・吉岡公威/講談社 (c)2020 映画「ぐらんぶる」製作委員会
公式サイト:grandblue-movie.jp
公式Twitter:@grandblue_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる