>  > 佐野勇斗×清水尋也『3D彼女』対談

佐野勇斗×清水尋也『3D彼女 リアルガール』対談 『ちはやふる -結び-』から意識していた互いの存在

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 那波マオの同名コミックを実写映画化した『3D彼女 リアルガール』が9月14日に公開された。『ヒロイン失格』『あさひなぐ』の英勉監督がメガホンを取った本作は、学校一の美少女・五十嵐色葉と、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光、“美女とオタク”のありえない恋の行方を描いた純愛コメディだ。

 今回リアルサウンド映画部では、コミュ障で恋愛経験ゼロの非リア充男子・つっつんこと筒井光を演じた佐野勇斗と、色葉に想いを寄せ、つっつんを敵対視する俺様系イケメン・高梨ミツヤを演じた清水尋也にインタビュー。『ちはやふる -結び-』で初対面したお互いの印象や、アドリブだらけだったという本作の撮影秘話などについて話を聞いた。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

佐野「本当に自由にやらせてもらいました」

ーー2人とも『ちはやふる -結び-』に出演していましたが、本格的な共演は本作が初めてになるんですよね。

清水尋也(以下、清水):『ちはやふる -結び-』では同じシーンがなかったんですけど、この作品で共演することは知っていたので、「次一緒だよね?」みたいな感じで。それをふまえてお芝居を見ていたので、そのときから予習は始まってたかな?(笑)。

佐野勇斗(以下、佐野):なんか怖いわ(笑)。僕も予習じゃないですけど、「半端ねえやつだな」「めっちゃ面白いな」と思っていました。演技がぶっ飛んでるなと思って。

ーー『ちはやふる -結び-』の撮影時から既に意識し合っていたんですね。今回の『3D彼女 リアルガール』は『ちはやふる』とはまたガラッと変わった雰囲気の作品ですね。

佐野:僕自身、恋愛系の少女漫画は正直あまり読んでこなかったんですけど、今回は事前に原作を読んだんです。それで、純粋にめっちゃ面白いなと。オタクと美女が付き合うという設定もいいなと思いました。

清水:僕も原作を読んだんですけど、普通の少女漫画じゃなく、純粋に楽しみました。僕自身、このお仕事をやる上で人と同じことをしても面白くないなと思っているんですけど、この作品も、「他の作品と同じことをしても面白くないでしょ!」という原作者の方の意図が若干見えたような気がしたので、このスタンスがいいなと思いましたね。

ーー2人が演じたつっつんとミツヤは、どちらもこれまでのイメージを塗り変えるような斬新なキャラクターでしたね。

佐野:そうですね。他の作品とかだと「これは難しいな、どうやってやろうかな」と思うんですけど、今回はそういうのがなくて、最初からすごく楽しみでした。自分に似ている部分も多かったので、もう自由にやってやろうと。演じるというよりは、素の僕とオタクの要素を組み合わせて、本当に自由にやらせてもらいました。

清水:僕が演じたミツヤは、原作がめっちゃイケメンなんですよ。

佐野:スーパーイケメン。

清水:本当に。だからプレッシャーがありました。

佐野:ずっと言ってたね(笑)。

清水:最初からずっと、本当にごめんなさい、みたいな。最初はそこだけでしたね(笑)。役柄に関しては、みんなと一緒に作っていこうと思っていたので不安はありませんでした。特にミツヤは、最初は我が強いですが、みんなから影響を受けて変わっていくので、みんなの芝居がどう飛んでくるかによって、僕の受け方も変わってくると思ったので、そこはあえて作らずに受け身な状態で現場に行ってました。作り込むというよりは、みんなと一緒にやってみて、そのときに感じたことを尊重しようと。

ーー原作のイメージをあまり意識することはなかったと。

清水:そうですね。ただ、“実写化”であることは間違いないので、そこだけは意識しつつ。でも、2次元から3次元に昇華するにあたって、やっぱり同じじゃつまらないし、映画にするならプラスアルファの面白い要素を作らないといけないと思ったので、あまり気にしないでやりました。僕は最初の時点で原作のミツヤに対する顔面の引け目があったので、一気にオリジナルに振り切ってやろうと。原作のミツヤは二枚目メインでちょっと三枚目みたいな感じなんですけど、今回は三枚目メインでちょっと二枚目に変えてみたので、原作よりもコメディ感が強くなっています。なので、結構オリジナル感は強いと思います。

佐野:僕も原作はあまり意識しませんでした。変に寄せようとし過ぎてもあまりよくないなと思ったのと、監督から「“映画”としての『3D彼女』と考えてもらえればいい」と言ってもらったので、自分なりのつっつんを作ろうとしました。僕自身もつっつんのように、ひとつのことに熱中して追いかけてしまうオタクな面もあるので。変な動きは『トイ・ストーリー』のウッディの動きを取り入れているんです。

清水:参考にしてるって言ってたね。

ーー映画からは皆さんの楽しそうな雰囲気も伝わってきました。

佐野:ずっとワイワイしていました。撮影期間はそんなに長くはなかったんですけど、キャストはみんなすごく仲が良かったです。

清水:男3、女3で、人数のバランスもよかったよね。年齢が近いのもあったし。

佐野:あとみんなのキャラ的にもちょうどよかった。ツッコむ人がいて、ボケる人がいて、フワフワしてる人がいて。

清水:本当に奇跡的なぐらい噛み合ってたと思います。

      

「佐野勇斗×清水尋也『3D彼女 リアルガール』対談 『ちはやふる -結び-』から意識していた互いの存在」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版