二階堂ふみ、『アダムス・ファミリー』で吹き替え初挑戦 「自分の愛をこの作品に詰め込みたい」

二階堂ふみ、『アダムス・ファミリー』で吹き替え初挑戦 「自分の愛をこの作品に詰め込みたい」

 二階堂ふみが、9月25日公開のアニメーション映画『アダムス・ファミリー』で日本語吹き替えに初挑戦することがわかった。

 本作は、 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした漫画を劇場版アニメとして映画化したもの。物語は、人里離れた山の中で結婚式をあげたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシアが、突然襲って来た人間たちに故郷を追われ、丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。時が流れ、ウエンズデーとパグズリーの2人の子供が生まれ、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。そんななか、パグズリーが一族にとって重要な儀式、「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が近づいていた。

 ボイスキャストには、オスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ヴォルフハルト、ベット・ミドラー、ニック・クロールが名を連ねている。脚本を手がけたのは、『クリスマス・クロニクル』のマット・リーバーマン、監督は、『ソーセージ・パーティー』のコンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが担当した。

 日本語吹替版では、杏、生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCo、井上翔太の出演が既に発表。今回、二階堂がウェンズデーの吹き替えを担当することが発表された。自他ともに認める『アダムス・ファミリー』の大ファンである二階堂にとって、本作が日本語吹き替え初挑戦となる。

二階堂ふみ コメント

いち『アダムス・ファミリー』のファンとして、しかもウェンズデー役として関わることができて、とにかく嬉しい気持ちでいっぱいです。『アダムス・ファミリー』は、小さい頃から繰り返し観てきた作品で、子ども心にワクワクして、触れたことのない文化に衝撃を受けましたし、現在の私の“好きなもの”を形作り、導いてくれたような映画です。青白い女の子が無表情で過激なことをしていくというところにも惹かれるのですが、『アダムス・ファミリー』は年齢を重ねていくごとに様々な見え方を示してくれるところも魅力だと思います。自分の愛をこの作品に詰め込みたいと思っています。ぜひ劇場で体感していただけたら嬉しいです。

■公開情報
『アダムス・ファミリー』
9月25日(金)TOHOシネマズ、イオンシネマにて全国ロードショー
声の出演:オスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ヴォルフハルト、ベット・ミドラー、ニック・クロール
日本語吹き替え版声優:杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、ロバート秋山、LiLiCo、井上翔太
監督:コンラッド・ヴァーノン、グレッグ・ティアナン
脚本:マット・リーバーマン
配給:パルコ ユニバーサル映画
上映時間:87分
(c)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family  (TM) Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.
公式サイト:addams-movie.com

■前売券情報
数量限定『アダムス・ファミリー』オリジナルマスクケース付ムビチケ
7月10日(金)より発売
※一部劇場を除く
一般券:1500円(税込)
小人(3才以上):900円(税込)
※「オリジナルマスクケース付」は無くなり次第終了。
※特典は一般券、小人券それぞれ1枚につき、1つ付属。
※特典単体での取扱いなし。
※ムビチケオンラインでは特典はつきません。
※予告なく内容・販売期間等が変更になる可能性あり。

ムビチケカード(チケットのみ商品)
7月10日(金)より発売
※一部劇場を除く
一般券:1500円(税込)
小人(3才以上):900円(税込)
※券面の絵柄は『アダムス・ファミリー』と同デザイン仕様。
※ご覧になる上映劇場がムビチケに対応しているか要確認。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる