劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』今秋公開へ O・アイザック、C・セロンら参加

 アニメーション映画『アダムス・ファミリー』が今秋TOHOシネマズ、イオンシネマにて全国ロードショーされることが決まった。

 本作は、 漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた一コマ漫画としてスタートした漫画を劇場版アニメとして映画化したもの。『アダムス・ファミリー』は、1960年代にTVシリーズやアニメシリーズが作られ、1991年に第1作、1993年に第2作と長編映画として実写化され大ヒットを記録。また、当時日本ではホンダ自動車「オデッセイ」のTVCMにも起用された。

 人里離れた山の中で結婚式をあげたモンスターのカップル、ゴメズとモーティシア。突然襲って来た人間たちに故郷を追われた2人は、丘の上に建つ荒れ果てた屋敷にたどり着く。時が流れ、夫婦には2人の子供、ウエンズデーとパグズリーが生まれて、一家4人と執事のラーチは平和な日々を送っていた。そんななか、パグズリーが一族にとって重要な儀式、「セイバー・マズルカ」を親戚たちの前で披露する日が近づいていた。

 ボイスキャストには、ゴメズ・アダムス役でオスカー・アイザック、モーティシア・アダムス役でシャーリーズ・セロン、ウェンズデー・アダムス役でクロエ・グレース・モレッツ、パグズリー・アダムス役でフィン・ヴォルフハルト、フランプおばあちゃん役でベット・ミドラー、フェスターおじさん役でニック・クロールが名を連ねている。脚本を手がけたのは、『クリスマス・クロニクル』のマット・リーバーマン、監督は、『ソーセージ・パーティー』のコンラッド・ヴァーノンとグレッグ・ティアナンが担当した。

映画『アダムス・ファミリー』 予告

 あわせて日本版ティザービジュアルとティザー映像も公開。ティザービジュアルは、左から父ゴメズ、娘ウェンズデー、息子パグズリー、母モーティシアと並び、それぞれのキャラクターの個性的な顔立ちがわかるデザインに。またティザー映像では、お馴染みの“指を鳴らす”テーマ曲が流れ、仲良しなゴメズとモーティシア夫婦に、怪しい実験を行うウェンズデー、ゴメズの兄フェスタ-に大掛かりなイタズラを仕掛けるパグズリーの姿があり、さらに執事のラーチとハンドがピアノを連弾するシーンなども盛り込まれている。

■公開情報
『アダムス・ファミリー』
2020年秋、TOHOシネマズ、イオンシネマにて全国ロードショー
声の出演:オスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ヴォルフハルト、ベット・ミドラー、ニック・クロール
監督:コンラッド・ヴァーノン、グレッグ・ティアナン
脚本:マット・リーバーマン
配給:パルコ ユニバーサル映画
上映時間:87分
(c)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family  (TM) Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.
公式サイト:addams-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる