松本穂香×瀬戸利樹『君は彼方』池袋がアニメになったポスター&特報映像 公開日は11月27日に

 池袋を舞台に描かれたオリジナル長編アニメ映画『君は彼方』が11月27日に公開されることが決定し、ティザーポスターと特報映像が公開された。

 本作は、豊島区は池袋を舞台に描かれる青春ファンタジー。主人公・澪は幼なじみの新のことが気になっているが、気持ちを伝えられず微妙な関係を続けていた。ある日、些細な友人の言葉をきっかけに2人はケンカをしてしまう。澪は何とか仲直りをしようと雨の中を新の元へ向かう途中、交通事故に遭ってしまった。意識を取り戻した澪が目を開けると、そこには見たこともない不思議な世界が広がっていた。

 NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演し、映画『酔うと化け物になる父がつらい』『みをつくし料理帖』では主演を務める松本穂香が主人公・澪を演じる。そして、『仮面ライダーエグゼイド』『チア男子!!』『カイジ ファイナルゲーム』『シグナル100』の瀬戸利樹が澪の幼なじみ・新を演じる。なお、松本は本作がアニメーション映画初主演、瀬戸は本作が声優初挑戦となる。

 監督・脚本・原作を務めるのは、本作が長編劇場アニメーション初となる瀬名快伸。瀬名監督は、第10回山形国際ムービーフェスティバル2014にて短編アニメーション作品『奇魂侍』で山形県知事賞を受賞。同作は仏・アヌシー国際映画祭にも出展された。また、監督・脚本だけでなくマンガの執筆、『刹界エイトレイド』では主人公の声優も務めた。

 制作をデジタルネットワークアニメーションが担当し、劇中では池袋お馴染みの待ち合わせスポット“いけふくろう”などの登場も予定している。また、映画公開にあわせてKADOKAWAより原作小説刊行も予定している。

 公開されたティザーポスターには、湾曲した池袋・東口の駅前にたたずむ澪と新の姿が写し出され、「どうして思い出せないの…」とコピーが添えられている。

映画『君は彼方』特報映像

 特報映像では、主人公・澪にとって大切な“日常”が突如、交通事故によって奪われてしまう物語の始まりが描かれている。未だ作品の全貌は明かされていないが、リアルな街並みに反し、澪が空から落ちてくるシーンも映し出され、松本によるナレーションが吹き込まれる。

■公開情報
『君は彼方』
11月27日(金)TOHOシネマズ池袋ほか全国ロードショー
出演:松本穂香、瀬戸利樹
監督・脚本・原作:瀬名快伸
制作:デジタルネットワークアニメーション
企画:CUCURI
配給:ラビットハウス、エレファントハウス
(c)「君は彼方」製作委員会
公式サイト:http://www.kimikana.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる