中島健人×平野紫耀にビンタの嵐!? 吉瀬美智子の“ドS演技”が『未満警察』にもたらす安定感

中島健人×平野紫耀にビンタの嵐!? 吉瀬美智子の“ドS演技”が『未満警察』にもたらす安定感

 Sexy Zoneの中島健人とKing&Princeの平野紫耀のW主演で話題のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)。思わず、2人に目が行きがちだが、そんな2人を恐れさせる“ある人物”が話題だ。吉瀬美智子が、これまでのエレガントなイメージを封印し、ジャニーズ2人の鬼教官として迫力のある演技を見せているのだ。「ドMの方はぜひ必見!」と自ら告知するほど(参考:『未満警察 ミッドナイトランナー』公式サイト)、そのドSな鬼教官ぶりがハマり、絶賛の声が相次いだ。

 実は『未満警察』でのドSキャラ演技には原点があった。それが、ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)での、ドSのリゾート会社の女社長役。「とても振り切れる演技ができるので、演じていても楽しいですね。これまでやったことのない新しい役」(参考:江口洋介、内村光良、吉瀬美智子、長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP』にゲスト出演)と、エレガントな吉瀬のイメージを覆す、冷徹キャラを演じたことで話題を呼んだ。作風自体がコメディだったことも、吉瀬にとっては、より振り切れた演技をするきっかけになったのかもしれない。

 そんなドSキャラに開眼した吉瀬が今回演じる及川蘭子は、警察学校の助教で、護身術などの実技を担当するという役柄だ。中島演じる本間快、平野演じる一ノ瀬次郎ら生徒の指導役ということで、2人の成長物語である本作には欠かせない存在と言える。第1話から、映画『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹並の迫力で本間と一ノ瀬をビビらせており、コメディパートにおいても大きな役割を果たしている。

 蘭子を語る上で、伊勢谷友介演じる警察学校の教官・片野坂譲の存在は外せない。譲が学生たちを優しくフォロー、蘭子が厳しく指導する、生徒たちにとって父親と母親のようなアメとムチの関係が本作に安定感をもたらしている。吉瀬は中島と平野のコンビを「本当にマジメなスーパージャニーズ。あの2人が合わさったら怖いものがない」と絶賛していたが、伊勢谷と吉瀬の指導者コンビもまた、役としてだけでなく、若い出演者の多いドラマを引率する立場として、物語を引き締めているのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる