浜辺美波、2020年は映画にドラマに主演ラッシュ 「東宝シンデレラ」出身女優の流れを継承?

浜辺美波、2020年は映画にドラマに主演ラッシュ 「東宝シンデレラ」出身女優の流れを継承?

 2020年、女優・浜辺美波に作品への出演ラッシュが訪れている。2月から放送された土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)で、事件容疑者の“アリバイを崩し”を得意とする主人公・美谷時乃を演じプライム帯での連ドラ初主演を務めると、ドラマ『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)でも横浜流星とW主演、映画も『思い、思われ、ふり、ふられ』、『約束のネバーランド』と主演作が続いている。

 浜辺は2011年に開催された第7回「東宝シンデレラオーディション」で、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。同年に、ショートムービー『アリと恋文』で女優デビューを果たすと、2016年の『咲-Saki-』でテレビドラマ(MBS/TBS)、映画主演を務める。その後も、『君の膵臓をたべたい』(2017年)、『センセイ君主』(2018年)、『賭ケグルイ』(2019年)などキャラクターがガラリと違う作品で主演を見事に全うし、10代にして“演技ができる女優”として高い評価を受けた。

 浜辺の魅力の一つは、“清々しさ”にある。清廉で爽やかというビジュアルの“清々しさ”はもちろんだが、芝居へのアプローチがとにかくためらいがなく思い切りがよいのだ。

『君の膵臓をたべたい』(c)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 (c)住野よる/双葉社

 『君の膵臓をたべたい』では、難病におかされた少女ながらも、秘密を知ってしまった北村匠海演じる“僕”を翻弄する小悪魔的な可愛らしさを見せたかと思えば、『センセイ君主』では、パロディシーン満載で、金八先生の物まねや、原作コミックに寄せたかなりの際どい顔芸を惜しげもなく披露している。浜辺自身は大スクリーンに変顔が映し出されることに対しても「どんなに不細工に映っても全然気にならない」とあっけらかんと話すなど、思い切りが良いのだ。しかも『センセイ君主』は『君の膵臓をたべたい』と同じ月川翔監督作品である。同一監督で、こうまで違ったキャラクターを演じてもらうというのも、信頼がなければできないことだろう。

『賭ケグルイ』(c)河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・ドラマ「賭ケグルイ」製作委員会・MBS

 『賭ケグルイ』でも、清楚な制服姿で丁寧な言葉づかいで人と接しているが、いざ賭け事になると「賭け狂いましょう」と目を見開いて豹変する主人公・蛇喰夢子を好演。メガホンを取った英勉監督は現場で俳優たちのアドリブを容認したというが、浜辺も“なにをやっても大丈夫”という撮影のなかで、年上の俳優たちに交じって怪演を楽しんでいたというから、度胸も据わっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ