>  >  > 浜辺美波、“ぶっ飛びキャラ”を総取り

ギャンブル狂から大根侍、腹黒アイドルまで 浜辺美波、“ぶっ飛びキャラ”を総取り

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ピュア! 〜一日アイドル署長の事件簿〜』(NHK総合)で“腹黒アイドル”という、またも特異なキャラクターに扮している浜辺美波。振り返ってみるとこんな役どころへのキャスティングが続いている彼女だが、たしかにいまや、この手のキャラクターを演じさせて浜辺の右に出る者はいない印象である。本作でもその力を発揮し、ぐんぐん物語を牽引しているのだ。

 浜辺がこれまでに演じてきた“特異なキャラ”、あるいは“ぶっ飛びキャラ”といえば、なにが思い浮かぶだろうか。観る者それぞれにとっての、代表的な浜辺のキャラクターというものがあることだろう。それほどまでに、各キャラクターを確実に自分のモノにし、芸風の一つにまで確立させている印象がある。

(c)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会

 その中でも、やはり最も多くの方が挙げるのが、二期にわたってドラマが放送され、劇場版も公開された『賭ケグルイ』の主人公・蛇喰夢子役だろう。浜辺は本作で、少々風変わりな女子高生に扮していた。“少々”というのは夢子の平常時の状態のことで、これが“賭け事”を前にすると、タイトル通りに狂ってしまうというものである。

 正直なところ、第一期の放送を数話観た時点では、厳しいものがあった。エキセントリックに振り切れた人物を演じる俳優の心情など、私たちには想像もつかないが、ただどうにも、“振り切れること”に懸命になるあまり、空回りしている感は否めなかったのだ。これがなんとか成立していたのは、経験豊富な森川葵や高杉真宙らの好演に拠るところが大きように思えた。彼らをはじめとする共演者陣が、みなで浜辺を支えていたのだ。

      

「ギャンブル狂から大根侍、腹黒アイドルまで 浜辺美波、“ぶっ飛びキャラ”を総取り」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版