V6 長野博が『ハケンの品格』で見せた優しく温厚な瞳 S&Fは“泥舟”と化す

V6 長野博が『ハケンの品格』で見せた優しく温厚な瞳 S&Fは“泥舟”と化す

 さらに、第6話ではゲストにV6の長野博が登場。隅田フーズの社長・隅田厚を演じた。プライベートでも食にこだわりがあり、ジャニーズ随一のグルメと呼ばれる長野が演じるのは、「丁寧で誠実な仕事」と里中から評されるお弁当を作る会社の社長だ。桐の容器から仕切りの笹の葉にまでこだわったお弁当作りに励む様子は、長野のグルメなイメージと相まって視聴者の食欲をそそり、魅力の詰まったシーンとなった。優しく温厚そうな瞳と、全ての工程に愛を持って取り組む姿が印象的で、普段からバラエティなどでも落ち着いた印象を見せる長野だからこそ出せた味わいだろう。

 『ハケンの品格』は食品会社が舞台となっているだけに、毎週、登場する美味しそうな食べ物が持ち味にもなっている。社食のカレーや、黒豆ビスコッティ、まごころ弁当など忘れられないグルメもまた、本作の楽しみなのだ。

 春子の持っていた『日本沈没』の文庫本は小松左京の有名な小説だが、その伏線が大きく回収された第6話。来週は、いよいよ派遣だけではなく正社員の身にまでリストラの危機がおよび、熾烈な戦いへと進む。東海林の危機を知った里中はどう出るのか。いよいよ大詰めだ。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
『ハケンの品格』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:篠原涼子、小泉孝太郎、勝地涼、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、上地雄輔、塚地武雅(ドランクドラゴン)、大泉洋(特別出演)、伊東四朗
脚本:中園ミホほか
演出:佐藤東弥、丸谷俊平
プロデューサー:櫨山裕子、山口雅俊、秋元孝之
チーフプロデューサー:西憲彦
制作協力:オフィスクレッシェンド
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる