ジブリが映画館を救う? 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』を大スクリーンで観る喜び

ジブリが映画館を救う? 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』を大スクリーンで観る喜び

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、オースティン石井が、現在特別公開中のスタジオジブリ作品をプッシュします。

スタジオジブリ4作品

『もののけ姫』 特報【6月26日(金)上映開始】

 5月26日の緊急事態宣言の解除に伴い、休館していた映画館が続々と再開をはじめ、6月26日現在、ほぼすべての映画館が営業を再開しました。新型コロナウイルス感染症対策のため、間隔を空けての座席などさまざまな制約があり、かつての姿に戻ったとは言えません。それでも、自宅では絶対に味わえない映画館ならではの迫力、空間を待望んでいた方は多いと思います。私も先週末に映画館復帰を果たしましたが、大画面で予告編を観るだけでウルッとするものがありました。

 杉本穂高さんのコラム「コロナ禍の今、改めて考える“映画館で映画を観る”意義 前代未聞の休館を経験して」にあるとおり、映画館は決して“密”ではなく、換気も十分に行われた安全性の高い施設です。もちろん、100%安全ということはないですが、観客ひとりひとりが予防を徹底すれば、限りなくリスクを抑えることはできます。しかし、“イメージ”というのは恐ろしいもので、多くの人が「映画館は危なそう」と捉えているとのこと(参考:GEM Standardの調査/映画鑑賞行動への自粛意識と営業再開に向けた意欲度)。

 次々と延期になっていた作品の新しい公開日が決定していますが、その多くは、いわゆる“ミニシアター”作品です。今春〜夏に予定していた超大作映画の多くは、冬〜来年への延期が決まっています。「お客さんが映画館に訪れなければ配給会社は作品をかけようと思わない」「観たい作品がなければお客さんは映画館に行こうと思わない」、どっちが先に解決できるのか、どうなるんだろうと思っていた矢先に発表されたのが「ジブリ映画4作品、全国公開」のニュースでした。

 幾度となくテレビ放送もされているだけに、多くの人が“ジブリ映画”を観たことがあるかと思います。でも、スタジオジブリ映画第1作目『風の谷のナウシカ』(1984年)をはじめ、世代によっては「映画館ではジブリ映画を観たことがない」という人も多いのではないでしょうか。実際、6月18日の発表時はTwitterでもトレンド入り、同時に公開された『千と千尋の神隠し』の予告編は243万以上の再生数(6月26日現在)を記録しています。

『千と千尋の神隠し』 特報【6月26日(金)上映開始】

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ