『美食探偵』中村倫也、ついに“闇堕ち”? “光”の小芝風花ד闇”の小池栄子の演技がぶつかり合う

『美食探偵』中村倫也、ついに“闇堕ち”? “光”の小芝風花ד闇”の小池栄子の演技がぶつかり合う

 いよいよ最終回目前となった『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)第8話。地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーであるココ(武田玲奈)がストーカーの田畑(森永悠希)へと報復を遂げた第7話の事件はまだ終わっていなかった。ココが田畑に食べさせた毒キノコは、一度症状が改善したあと7日後に死に至るという、猛毒の“ドクツルダケ”だったのだ。

 そのことに気づいた明智(中村倫也)は田畑が入院する病院へと急ぐも、時すでに遅し。田畑はマリアファミリーに連れ去られ、死を待つしかない状況に。そこでもまた明智の前に姿を現したマリア(小池栄子)は、次は苺(小芝風花)を殺すと高らかに宣言する。危険に晒された時には必ず苺を守ると約束していた明智は、桃子(富田望生)も加えて共同生活を始めるも、マリアの魔の手は巧みに網の目をかいくぐり……。

 そして田畑の死が迫る運命の7日目。明智は、「マリアに会う」と言って姿を消したココを追ってGPSが示す場所へと向かうも、そこにはすでに毒死してしまった田畑とそれを微笑みながら見守るココの姿が。実は明智たちはココによっておびき出されていたことが明らかになり、その隙にマリアが苺へと急接近してしまう。マリアは苺に語るのだ。明智との出会いから心の変化、そしてそれでも「普通の人」という呪縛から逃れることができなかった境遇を……。

 小池栄子が体現するのは、悪魔のように見えたマリアの裏にもそうした悲しみや怒り、切なさがあったという多面的な表情だった。満足のいかない結婚生活を送っていたあの主婦は、マリアになることでしか生きられなかったし、その生き方を明智が解放してくれたのである。強さのなかにある弱さを垣間見せる小池栄子の堂々たる存在感により追い詰められる苺は、まさしく“闇”へと繋がるような穴の中へ放り出されそうになる。しかしその瞬間、明智が現れ、間一髪のところで救出。一転してマリアは明智を誘惑し、彼女たちはついにともに闇の中へ……。まさしく“闇堕ち”と言うべきラストを経て、結末は次週の最終回へと託された。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ