『ペイン・アンド・グローリー』主演のアントニオ・バンデラスが撮影を振り返る 本編映像も公開

『ペイン・アンド・グローリー』主演のアントニオ・バンデラスが撮影を振り返る 本編映像も公開

 全国公開中の映画『ペイン・アンド・グローリー』より、本編映像と主演のアントニオ・バンデラスからのコメントが公開された。

 ペドロ・アルモドバル監督自身のキャリアにおける葛藤も含め、自伝的な要素もある本作。主演のバンデラスが映画監督役を演じ、昨年の第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を初受賞、第92回アカデミー賞主演男優賞にノミネート入りも果たした。さらに、アルモドバル監督のミューズであるペネロペ・クルスも出演し、スペインの日差しの下で献身的に息子を育て、家族を明るく支える母親役を演じている。

 脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局……。その痛みは今も消えることなく残っていた中、32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。

映画『ペイン・アンド・グローリー』本編映像

 公開された本編映像は、映画監督サルバドールが、衝突し絶縁していた主演俳優アルベルトのもとを突然訪れるシーンを捉えたもの。サルバドールは、32年前に撮った映画『風味』のシネマテーク再上映にあたり、ティーチイン上映へ二人揃っての登壇をアルベルトに持ちかける。

 バンデラスは、1980年代、アルモドバル監督の長編2作目『セクリシア』でスクリーンデビュー。以降、アルモドバル作品に立て続けに出演、ハリウッドに活動の拠点を移すも、『私が、生きる肌』で22年振りの主演を務めた。

 バンデラスは本作について「家や衣装、ヘアなど、ディテールを監督が与えてくれる。私たちはそのキャラクターに魂を吹き込み、リアルにしなければならない。そのために、まず、真似をするのはやめようと思っていた」と振り返る。

 また、アルモドバル監督を想起させる役柄を演じるにあたって、「特にアルモドバルの特徴をよくわかっているスペインの観客に対して真似をしていると思われるようなことはしたくなかった。迷った時は自分のバイブルである脚本に立ち戻って考えた。この綿密な脚本に、すべてが詰っているから最後まで持ちこたえることができた。あとは予期していなかったとりわけ”感情“に助けられたんだ。これは通常の役ではあまりないことだ。監督から聞いた情報はとても明確で、言葉ではなく感情から湧き起こるものだった」と秘話を明かした。

 一方、アルモドバル監督は、「リハーサルの間に『私を真似ることが手助けになるなら真似て構わないよ』とバンデラスに伝えたが『そんな必要はない』と言われたよ」とバンデラスとのやりとりについて語った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ペイン・アンド・グローリー』
TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開中
脚本・監督:ペドロ・アルモドバル
出演:アントニオ・バンデラス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーニャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ、ペネロペ・クロス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2019/スペイン/スペイン語/113分/5.1ch/カラー/アメリカンビスタ/原題:Dolor y Gloria/字幕翻訳:松浦美奈/R15+
(c)El Deseo.
公式サイト:pain-and-glory.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ