80代の老女はなぜスパイになったのか ジュディ・デンチ主演『ジョーンの秘密』今夏公開決定

 ジュディ・デンチ主演映画『Red Joan(原題)』が、『ジョーンの秘密』の邦題でTOHOシネマズ シャンテほかにて今夏に公開されることが決定し、あわせてメインビジュアルと予告編が公開された。

 本作は、イギリス史上最も意外なスパイの実話をもとに、英国の作家ジェニー・ルーニーが書き上げた小説を映画化したもの。世界がミレニアムに浮かれていた2000年、英国では驚愕のニュースが国内を駆け抜けた。ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれたと報道されたのだ。だが、人々に衝撃を与えたのは、その事実よりも容疑をかけられた“その人物”。その人物とは、信じられないほどの過去を隠し続けて静かに生活を送っていた80代の老女・ジョーンだったのだ。

 その半生を実の息子にも隠していたジョーンを、アカデミー賞に7度ノミネート、『恋におちたシェイクスピア』で受賞を果たしたデンチが演じる。ケンブリッジ大学で物理学を学び、第二次世界大戦中に、核開発の機密任務についた若かりし頃のジョーンを『キングスマン』のソフィー・クックソン、恋と政治の駆け引きで彼女を翻弄するロシア人の恋人・レオを『女王ヴィクトリア』のトム・ヒューズが務めた。

 『マクベス』『冬物語』などデンチの名作舞台を多く演出し、デンチが「トレヴァーだから出演を決めたわ。脚本を読むはるか前にね」と絶大なる信頼を受けるトレヴァー・ナンがメガホンを取り、『恋におちたシェイクスピア』でオスカーに輝いたデヴィッド・パーフィットがプロデューサーを務めた。

 公開されたメインビジュアルでは、ジョーンの現在と若き頃の姿が切り取られている。

ジュディ・デンチ主演映画『ジョーンの秘密』予告編

 予告編は、ジョーンがスパイ容疑で逮捕されるシーンから始まり、大学で物理学を学んでいた若かりし頃のジョーンと恋人・レオとの出会い、息子であり弁護士のニック(ベン・マイルズ)との衝突などが描かれている。

■公開情報
『ジョーンの秘密』
今夏、TOHOシネマズ シャンテほかロードショー
出演:ジュディ・デンチ、ソフィー・クックソン、トム・ヒューズ、スティーヴン・キャンベル・ムーア、ベン・マイルズ
監督:トレヴァー・ナン
原作:ジェニー・ルーニー著『Red Joan』
配給:キノフィルムズ
2018/英語/イギリス/101分/5.1ch/カラー/スコープ/原題:Red Joan/PG12/字幕翻訳:チオキ真理
(c)TRADEMARK(RED JOAN)LIMITED 2018
公式サイト:https://www.red-joan.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ