中井貴一×三谷幸喜、『記憶にございません!』コメンタリー収録でも抜群の相性を発揮

中井貴一×三谷幸喜、『記憶にございません!』コメンタリー収録でも抜群の相性を発揮

 映画『記憶にございません!』のBlu-ray&DVDが4月29日に発売される。都内スタジオにて、スペシャル・エディション特典となる三谷幸喜&中井貴一のオーディオコメンタリー収録が行われた。

 本作は、「もしも自分が、ある日突然総理大臣になったら……?」という空想から生まれたオリジナルストーリー。嫌われ者の総理大臣が記憶喪失となり、別人のように善良になったことから珍騒動が巻き起こる。主人公の総理大臣を中井が演じたほか、ディーン・フジオカ、佐藤浩市、草刈正雄、石田ゆり子、小池栄子、木村佳乃ら豪華キャストの共演も話題となり、興行収入36億円を超える大ヒットとなった。

初めて明かされる撮影の裏側

 中井は、オーディオコメンタリー収録に初参加。一方、これまでに何度も経験しているという三谷は「一番、評判が悪かったのは佐藤浩市とやった『ザ・マジックアワー』」と打ち明け、中井も「うるさすぎたからなんですか?」と笑うなど、息ぴったりの掛け合いで収録は始まった。

 総理が入院している冒頭シーンについて中井は、「足をベッドに強打して、右足のくるぶしが倍に腫れた。1週間くらい痛かった」と初告白。「なんで言わないんですか?」と気遣う三谷だったが、「変な心配をかけたくないし」という中井の返答には「だったら、今も言わないでほしかったな」と不満げな表情。さらに「たぶん、(採用したのは)強打した時の画じゃないと思う」と続けると、中井が「なに責任を逃れようとしているんですか(笑)」とクレームを入れるなど、二人の関係性が垣間見えるトークを展開していく。

 ここで警官役の田中圭が登場すると、中井は「昔、親子役をやったことがある」と明かし、「どっちが息子役?」と三谷。「俺が息子役って、どんな親子だよ」とツッコむ中井に、三谷が「死んだお父さんの若い時みたいな」と食い下がると、中井は「そんな深読みしなくたっていいじゃない」と呆れながらも大笑いだった。

 他にも、事務秘書官役の小池栄子は「ポテンシャルがすごい」(中井)、衆議院議員役のROLLYについて「あそこまで振り切った緊張度合いの人は、初めて拝見した(笑)」(中井)、ディーン・フジオカは「芝居中も(ディーン・フジオカが)崩れない」(中井)、吉田羊との出会った際、「最初は風変わりなロシア風の帽子をかぶっていて、アニメの登場人物かと思った(笑)」(三谷)、大工役の寺島進は「昔シェイクスピアの舞台に立ったことがあるらしく、想像しただけでおもしろい。舞台に呼びたい」(三谷)など、豪華キャストへの思いや撮影秘話が次々に明かされた。

 また、本作の見どころといえる中井と佐藤浩市の長回しシーンが映ると、三谷は「絶対にできるスキルを持った俳優さん。どう考えても長回ししたかった」と、信頼する役者二人に対する本音を吐露。同じく長回しとなった中井と吉田による、総理と野党党首のホテル密会シーンについては、ロケハンをした際に「広いし、おもしろいからワンカットで行こうと思った」と振り返り、「長回しの中で、どれだけ吉田羊さんが(セクシーに)変貌するかっていうのが撮りたかった」とも。「もっと変貌してもよかったと本人は言っていたけど、僕の倫理観ではこれが限界だった」と続けると、中井は大爆笑だった。

 作品についての“反省”にトークが及ぶと、三谷は「映画1本につき、『あぁ、しまった』というのが10個以上ある」。対する中井も「反省することが多すぎるから、公開前のキャンペーン中には観ないんですよ。人は『大丈夫』っていうけど、反省しか見えなくなってしまうので」と、意外な一面を告白。一方で、「佐藤浩市さんに聞いたら、『反省なんてしないよ。俺、意外とよくやってるなと思う』って」と、一蹴されたことを明かして笑わせた。

 今作ではあくまで脚本・演出を担う三谷だが、「この声は、僕なんです」「このピアニカは、僕が弾いているんです」など、実は様々な形で作品に携わっていることにも言及。他にも、公開時に「どこに出ているのかわからない」と話題になった天海祐希出演シーンの解説や、外務大臣役の飯尾和樹の耳が大きい理由、豪華セットの裏話、中井が思う“役者の引退”についてなど、一瞬たりとも聞き逃せないトークを繰り広げた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ