中島裕翔、『SUITS』続編で“演技派”を確たるものに? 成長した大人な面にも期待

 フジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ2』が本日4月13日より放送開始となる。全米大ヒットドラマ『SUITS』のシーズン2が原作となる本作は、2018年10月期に月9ドラマ枠で好評を博した『SUITS/スーツ』の続編。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午役を織田裕二、経歴詐称の天才青年・鈴木大輔役を中島裕翔が前作に引き続き演じ、続投する新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美に加え、吉田鋼太郎が新キャストとして出演する。

 ジャニーズメンバーの中でも演技派と言われる中島にとって前作は、月9出演、織田裕二とバディを組む役柄で、演技においてさらなる飛躍へのターニングポイントにもなっただろう。待望の続編となる『SUITS/スーツ2』ではどんな中島が見られるのだろうか。ジャニーズグループに関連したコラムを数多く執筆しているライターの高橋梓氏は、中島の演技についてこう語る。

「中島さんは、『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジテレビ系)、『母になる』(日本テレビ系)など、今まで好青年的なキャラクターを多く演じてきたと思うんです。ただ、TBS日曜劇場『99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II』最終回にゲスト出演したときは、母親を殺害された被害者でありながら、父親がその犯人として逮捕・起訴された、殺人犯の息子という複雑な役も演じていました。細かな心情の変化も表現できて、主役としてはもちろん、物語のゲストやアタッチメントでも輝ける人です」

 グループ内でも、中島は演技派としてのポジションを確立しつつあるようで、「Hey! Say! JUMPがMCを務める『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)の漢検に挑戦するコーナーで、中島さんは台本に向き合ってた成果か、難解な問題にも正解するなど活躍していて。山田涼介さんや知念侑李さんも多く映画やドラマに出演していますが、その二人とも少し違うベクトルの役での演技が期待されているんじゃないでしょうか」と高橋氏は続ける。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる