大東駿介、映画・ドラマに欠かせない俳優に 『いだてん』水泳選手から『浦鉄』春巻龍の振り幅

大東駿介、映画・ドラマに欠かせない俳優に 『いだてん』水泳選手から『浦鉄』春巻龍の振り幅

 今年はNHKが制作協力している映画『37セカンズ』にも出演している。ベルリン映画祭パノラマ部門で観客賞と国際アートシネマ連盟賞をダブル受賞するなど、高い評価を受けている作品だ。

 筆者は映画とは違ったストーリー展開の、NHKの国際共同制作バリバラドラマ『37セカンズ』のほうを視聴した。大東は脳性まひで障がいを持つユマ(佳山明)が出会う介護士を演じている。その後、母親の過干渉から家を出るユマと同居生活をするようになるのだが、多くのことは細かく描かれない中にも、ユマとの関係性がはぐくまれていくその空気が見える作品であり、大東も「よるドラ」のコミカルさとは違った、信頼できる人物を演じ、そんな空気を醸し出していた。

 この作品の出演をきっかけに、大東はインタビューメディア「イエローブラックホール」を立ち上げている。また、今年は、『浦安鉄筋家族』に加え、これまでにも出演してきた時代劇『雲霧仁左衛門3』も4月11日からNHKで放送となる。『浦安鉄筋家族』の春巻龍のようなふりきったコメディ路線の役から、時代劇でのシリアスな演技までその振り幅はすごい。今後も様々な活動含めて注目していきたい俳優だ。

■西森路代
ライター。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。アジアのエンターテイメントと女子、人気について主に執筆。共著に「女子会2.0」がある。また、TBS RADIO 文化系トークラジオ Lifeにも出演している。

■公開情報
『37セカンズ』
全国順次公開中
監督・脚本:HIKARI
出演:佳⼭明、神野三鈴、⼤東駿介、渡辺真起⼦、熊篠慶彦、萩原みのり、芋⽣悠、渋川清彦、宇野祥平、奥野瑛太、⽯橋静河、尾美としのり/板⾕由夏
配給:エレファントハウス、ラビットハウス
2019年/⽇本/115分/原題:37Seconds/PG-12
(c)37Seconds filmpartners
公式サイト:http://37seconds.jp/

■放送情報
ドラマ24『浦安鉄筋家族』
テレビ東京系にて、毎週金曜深夜0:12〜放送
※テレビ大阪のみ、翌週月曜深夜0:12〜放送
地上波放送終了後、動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』で配信
出演:佐藤二朗、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、キノスケ、坂田利夫、染谷将太、大東駿介、松井玲奈、宍戸美和公、滝藤賢一
オープニング・テーマ:サンボマスター「忘れないで 忘れないで」(ビクターエンタテインメント / Getting Better)
エンディング・テーマ:BiSH「ぶち抜け」(avex trax)
原作:浜岡賢次『浦安鉄筋家族』(少年チャンピオン・コミックス)
チーフプロデューサー:阿部真士(テレビ東京)
プロデューサー:藤田絵里花(テレビ東京)、神山明子
監督:瑠東東一郎、吉原通克、諏訪雅、松下敏也
脚本:上田誠、諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画)
制作:テレビ東京、メディアプルポ
製作著作:「浦安鉄筋家族」製作委員会
(c)浜岡賢次(秋田書店)1993・(c)「浦安鉄筋家族」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/
公式Twitter:@tx_urayasu

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる