中国の飛行機事故を映画化 チャン・ハンユー×アンドリュー・ラウ『フライト・キャプテン』公開へ

中国の飛行機事故を映画化 チャン・ハンユー×アンドリュー・ラウ『フライト・キャプテン』公開へ

 2018年に中国で起きた飛行機事故を映画化した『The Captain(原題)』が、『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』の邦題で6月26日に公開されることが決定した。

 本作は、『マンハント』のチャン・ハンユーが主演を務め、『インファナル・アフェア』『頭文字D』のアンドリュー・ラウが監督を務めたスカイ・パニック・アクション。中国では建国70周年を迎えた2019年に「中国の誇り3部作」最後の作品として公開され、3週連続で1位を獲得し7週に渡りベスト10にランクイン。興行収入450億円を突破するヒットとなった。

 四川航空3U8633便が、1万メートルの高空を飛行中に操縦室のフロントガラスが破損したことにより墜落の危機に陥る。本作は、そんな極限状態の中、乗客を守り抜いた機長やクルーたちの活躍を描く、中国版『ハドソン川の奇跡』と称された物語。国民的英雄のリュー機長をチャン・ハンユーが演じる。

 あわせて公開された場面写真では、高度1万メートルで操縦不可能となった絶体絶命の状況下で乗客の命を守るため、酸素マスクを装着しながら懸命に操縦を続けるリュー機長(チャン・ハンユー)やクルーたちの様子が切り取られている。

 また、飛行機のフロントガラスにひびが入り、副操縦士が窓の外に投げ出される場面や、酸素マスクを付け激しい揺れに耐える乗客たちの様子も切り取られ、実際にあった飛行機事故の様子が臨場感たっぷりに再現されている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』
6月26日(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー
監督:アンドリュー・ラウ
脚本:ユー・ヨンガン
出演:チャン・ハンユー、オウ・ハオ、ドゥー・ジアン、ユアン・チュアン、チャン・ティエンアイ
配給:アルバトロス・フィルム
提供:ニューセレクト
2019年/中国映画/中国語・チベット語/111分/シネマスコープ/5.1ch/字幕:森澤海郎/映倫区分G/原題:中國機長/英題:The Captain
(c)2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved.
公式サイト:flight-captain.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる