有村架純が有村架純を演じる!? 豪華クリエイターたちが描き出す前代未聞のドラマ

有村架純が有村架純を演じる前代未聞のドラマ

 翻って、『有村架純の撮休』である。この、“らしさ”をめぐる問題は、出演俳優のみに適用される問題ではない。是枝裕和、今泉力哉など、その“作家性”が認知されている監督の場合、彼らが監督した作品に対しては、当然ながら我々も“その監督らしさ”を見出そうとするし、当の監督たちも、それを出そうとするだろう。ただ、本作の場合、さらに複雑なのは、第6話の今泉監督と第7話の津野監督を除き、各話の脚本と監督を、別の人が担当しているところだろう。これは果たして、その監督のテイストなのか、あるいは脚本家の持ち味なのか、はたまた有村架純自身のなせる業なのか。その“虚像”と“実像”のみならず、それぞれの“らしさ”が“競作”という形でせめぎ合う緊張感と面白さ。それが本作の何よりの見どころになるのだろう。

 そして、最後にもうひとつ。そのタイトルやコンセプトから、このドラマが、ともすれば有村架純のファン以外は楽しめないものになっているかというと、まったくそんなことはなかった。というか、この原稿を書くために、あらかじめ数話を先行して観させてもらったのだが……そう、本作は、ある種“コスプレ的”とも言えるような、彼女の“七変化”を楽しむようなドラマではなかった。もちろん、有村架純が有村架純を演じるということで、普段のドラマや映画などでは見られない彼女の表情を垣間見ることはできるだろう。けれども、回を重ねるごとに浮き彫りとなっていったのは、そんな有村架純という人間が、当たり前のことではあるけれど、我々が生きるこの世界と地続きの世界を生きていることなのだった。確かに“女優”というのは特殊な仕事ではある。けれどしかし、その仕事を離れて休日を過ごすとき、そこから浮かび上がるのは、いささか妙な言い方ではあるけれど、有村架純である以上に、ごく普通に今という時代を生きる、ひとりの20代女性の姿なのだった。家族や友人もいれば、仕事仲間だっているだろう。意外な趣味嗜好だってあるかもしれない。そんなひとりの20代女性である彼女は、今日彼女が置かれている立場や状況について、あるいは身の回りに起こる些末な出来事に対して、何を感じ、どんな態度を示すのだろうか。

 本作で描き出される“有村架純”は、物語を駆動する上でなにがしかの役割を与えられた“キャラクター”ではない。よって、その設定や縛りも緩やかなのだ。多少、何かが矛盾していたり、謎の部分が残ったっていいのだろう。だって、人間だもの。ある特定の役柄を演じるのではなく、本人が本人を演じるからこそ引き出される、フラクタルな魅力と無限の可能性。ひょっとすると、本作に参加しているクリエイターたちの真の“狙い”は、そこにあるのかもしれない。有村架純というひとりの女優のイメージを解き放つだけではなく、我々が生きるこの世界から、良くも悪くも浮かび上がった形で語られることの多い“女優”という存在(あるいは虚像としての“女優”)を、再び地に足のついたものとして描き直すこと。“女優”だって、嫌なことがあれば落ち込むし、楽しいことがあれば笑うのだ。などなど、考えれば考えるほど、あらゆる角度から興味深いドラマになりそうな予感でいっぱいの『有村架純の撮休』。まずは、是枝裕和監督/比嘉さくら脚本による第1話「ただいまの後に」からスタートです!

■麦倉正樹
ライター/インタビュアー/編集者。「リアルサウンド」「smart」「サイゾー」「AERA」「CINRA.NET」ほかで、映画、音楽、その他に関するインタビュー/コラム/対談記事を執筆。Twitter

■放送情報
WOWOWオリジナルドラマ『有村架純の撮休』
WOWOWプライムにて、3月20日(金・祝)スタート 毎週金曜深夜0:00〜放送(全8話)
※第1話無料放送 ※初回15分拡大
WOWOWメンバーズオンデマンドでは、各話終了後見逃し配信
TSUTAYAプレミアムでは、各話終了後配信スタート
出演:有村架純、柳楽優弥、満島真之介、伊藤沙莉、渡辺大知、笠松将、前野健太、リリー・フランキー、風吹ジュンほか
監督:是枝裕和、今泉力哉、山岸聖太、横浜聡子、津野愛
脚本:今泉力哉、砂田麻美、篠原誠、ペヤンヌマキ、ふじきみつ彦、三浦直之、津野愛、比嘉さくら
音楽:七尾旅人
主題歌:竹内アンナ「RIDE ON WEEKEND」(テイチクエンタテインメント・インペリアルレコード)
制作協力:ホリプロ
製作:「有村架純の撮休」製作委員会
(c)「有村架純の撮休」製作委員会
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/satsukyu/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる