『女子高生の無駄づかい』クランクアップ 岡田結実「いったんバラエティーの現場で修業」

『女子高生の無駄づかい』クランクアップ 岡田結実「いったんバラエティーの現場で修業」

 岡田結実主演の金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』がクランクアップを迎えた。

 本作の原作は、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)に通う、個性派ぞろいの女子高生=JKたちの日常を描いた同名の学園コメディー漫画。今回が初のドラマ化となり、主人公の「バカ」を岡田結実、「ヲタ」を恒松祐里、「ロボ」を中村ゆりか、そして残念独身教師の佐渡正敬を、劇団EXILEの町田啓太がそれぞれ演じる。

 3月6日放送の最終回に先駆け、2月某日、さいじょのJKメンバーたちがすべての撮影行程を終了。主人公・バカ役の岡田をはじめ、ヲタ役の恒松、ロボ役の中村、そしてロリ役の畑芽育、マジメ役の浅川梨奈、リリィ役の小林由依(欅坂46)らが涙のクランクアップを迎えた。

 最後のシーンを撮り終え、スタッフから「クランクアップです!」の声がかかると、岡田から3カ月共に過ごしてきた仲間たちへ花束が。同日、ひと足先に撮影を終えていたマジメ役の浅川、リリィ役の小林も現場に駆けつけ見守る中、それぞれがスタッフ・キャストに感謝とねぎらいの言葉を口にした。

 クランクアップの前から「絶対おかゆい(岡田結実)泣きそう~」と共演者からいじられていた岡田。爆笑しながら「今年は絶対に泣かない」と豪語していたものの、共演者たちが「終わってしまうのが寂しい」「すごく楽しかった」「ぜひシーズン2を」など口々に名残惜しさを語り、さらには畑から「う~~~」と最初に泣き声があがると、現場は一気にしんみりモードに。つられて恒松も泣き出すと、「やばいやばいやばい!」と岡田の目にも光るものが。

 最後に監督から大きなバラの花束を渡された岡田は、時折声を詰まらせながら「原作モノって批判されたりするプレッシャーもあると思う。でもこの作品ではキャストもスタッフも、オトナたちがみんな本気でバカになって挑んでくださったと思う。すごく貴重な経験ができました。視聴者の皆さまからも、明るいメッセージがたくさん届いてうれしかったです」と感謝の言葉を伝えた。最後に「終わってしまうのは寂しいけれど、いったんバラエティーの現場で修業してまた役者として戻ってこられたら幸せです(笑)」と涙と笑顔を交えながら語った。

■放送情報
金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』
テレビ朝日系にて、毎週金曜23:15〜0:15(一部地域で放送時間が異なる)
出演:岡田結実、恒松祐里、中村ゆりか、福地桃子、浅川梨奈、畑芽育、小林由依(欅坂46)、井本彩花、横山涼、内藤理沙、町田啓太、大倉孝二
原作:ビーノ『女子高生の無駄づかい』(角川コミックス・エース刊)
脚本:田辺茂範(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一(劇団 東京マハロ)、角田貴志(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨(劇団 贅沢貧乏)、安藤奎(劇団 アンパサンド)、玉田真也(劇団 玉田企画)
監督:山本大輔、日暮謙、中島良、洞功二ほか
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:貴島彩理(テレビ朝日)、本郷達也(MMJ)、布施等(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる